「ほっ」と。キャンペーン

1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
見学は毎年「イケフェス大..
by モダン周遊 at 12:39
こちら 見学できるので..
by 雪だるま at 12:10
そうなんですね! 19..
by モダン周遊 at 14:00
Google検索からお邪..
by よーこぶー at 09:34
“えちぜん”にはこの城の..
by モダン周遊 at 10:16
現存する最古の天守だと記..
by 雪だるま at 05:48
このようなローカル線は廃..
by モダン周遊 at 09:08
鉄ではないですが 鉄道..
by 雪だるま at 06:00
実際に歩いたら、改めて発..
by モダン周遊 at 11:44
上町台地 遥か昔から大..
by 雪だるま at 05:44
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


昭和の残像 <街角有情>

c0239137_19061399.jpg
 この看板の揮毫をした藤山寛美も、すでに伝説の人になってしまいました。

 大阪市内で見かけた昭和レトロな街角を幾つか…

c0239137_19060661.jpg

c0239137_19055890.jpg

c0239137_19055147.jpg

c0239137_19054466.jpg

c0239137_19053542.jpg

c0239137_19051922.jpg

c0239137_19051223.jpg

c0239137_19050514.jpg

c0239137_19045701.jpg

c0239137_19045052.jpg

c0239137_19041483.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-02-28 08:00 | Comments(0)

昭和の残像 <北野家住宅>

c0239137_16074999.jpg

 窓の外に見えるのは、大阪瓦斯ビルヂング…

 昭和20年3月の大阪大空襲では周囲は焼け野原になった中、北野家住宅は大阪瓦斯ビルヂングと共に焼け残りました。

 大阪瓦斯ビルヂングに面して東西に通る平野町通は、かつてモダンな商店やカフェが軒を連ね、「平ぶら」という言葉が生まれるほど賑わった商店街でした。

 平野町は、昔から御霊神社を控へて、最も賑やかな町である。いまでも、こゝの夜店などは、大阪で一番盛んな賑はひをみせる。
 北船場における、夜の最も遅い町、最も明るい町、最も歩くによい町、平ぶらといふ言葉が出来てゐる町、カフェ、飲食店の多い町、そして大阪市中で、可なり贅沢な喫茶店などをもつ町である。
(北尾鐐之助『近代大阪』より)

c0239137_16074114.jpg

 平野町の西端、御霊神社の前に建つ北野家住宅は、昭和3(1928)年に建てられた木造3階建ての青物商を営む商家でした。
 かつては店舗だった1階部分は改装されていますが、2・3階は外観・内装共に創建時の作りをよく残しており、当時の大阪商人の暮らしぶりを今に伝えています。
c0239137_16073321.jpg

 昨年の「イケフェス大阪」で、大阪瓦斯ビルヂング見学のついでという気持ちで寄った北野家住宅。
 一見すると普通の町家のようですが、説明を聞いているうちに、奇跡的に残った貴重な近代和風建築だということがよくわかり、国の登録有形文化財にも指定されていることが納得できました。

c0239137_16072673.jpg

c0239137_16071985.jpg

c0239137_16071348.jpg

 北野家住宅は今に至るまでに、3度の危機があったのだそうです。

 1つ目は、前述した大阪大空襲。焼夷弾が家に直撃しましたが、不発弾だったため、助かりました。

 2つ目の危機はバブル期。連日、土地を売って欲しいという人が絶えず、高値を提示されたのに、オーナーさんがそれを断ったという話はとても感動的でした。

 3つ目は、阪神淡路大震災。建物全体が大きく揺れて、家の中の戸に隙間ができましたが、なんとか持ちこたえたとの事。但し、極端な荷重は禁物で、現在も公開の際には少人数づつでの見学としています。

c0239137_16070334.jpg


 建物の全景。「イケフェス大阪」のサイトから拝借しました。
c0239137_16065673.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-02-25 08:00 | Comments(0)

昭和の残像 <文化住宅>

c0239137_15103946.jpg

 いわゆるモダニズムの歴史の中で、文化住宅というと、大正から昭和初期に開発された阪神間の芦屋や西宮に多数存在する洋風生活を取り入れた和洋折衷住宅のことです。
 しかしながら、一般的に関西で文化住宅といえば、1950~60年代に建てられた瓦葺きの木造モルタル2階建の風呂なしアパートのことを指します。

 安アパートの代名詞である一方で、下町らしい人情味のある文化住宅ですが、近年は老朽化が進み、取り壊されるケースも多く、とても貴重な存在になりつつあります…

c0239137_15102844.jpg


c0239137_13390807.jpg


c0239137_12132985.jpg


c0239137_15100737.jpg


c0239137_15095232.jpg


c0239137_12171389.jpg


c0239137_15092662.jpg

 なぜか文化住宅には、尾形亀之助の詩が似合うような気がします。


 春

 私は椅子に坐つてゐる

 足は重くたれて
 淋びしくゐる

 私は こうした私に反抗しない

 私はよく晴れた春を窓から見てゐるのです

 (「色ガラスの街」より)

c0239137_15091357.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-02-22 08:00 | Comments(0)

帝都座(昭和8年)

c0239137_13240089.jpg
 前回に続き帝都座のパンフレット【週報:1933(昭和8)年4月27日~5月3日】です。


 裏表紙及び見開きはウテナ化粧品の広告になっています。
c0239137_12571370.jpg

 日活では入江たか子とともに双璧といわれた人気女優、夏川静江主演「未来花」。
 銀座資生堂前のスナップ。
c0239137_12565753.jpg

 ここでも、新宿にあった劇場が紹介されていますが、前回(昭和7年)から1年間で2館が増えていることがわかります。

c0239137_12564518.jpg


 さて、この帝都座は地上7階地下2階の建物ですが、設計は僊石政太郎(1879-1945)です。
c0239137_12563588.jpg


 僊石政太郎は映画館及び劇場建築のエキスパートとして活躍した建築家で、以前に取上げた富士館(浅草)も手がけています。
 僊石政太郎については、ネットで調べてみても情報は少ないのですが、なかなかユニークな経歴の持ち主のようです。
 生まれは島根県・安来西灘
 大工棟梁の河井栄八(河井寛次郎の父)に師事して18歳で棟梁になりますが、25歳で単身東京に出て工手学校に入学、新橋木工場で働きながら工手学校の外、国民英語学校中等科、中央工学校高等科を卒業。日本建築学会の正会員資格試験に合格して建築士の称号と技師の資格を得ています。

 苦学して建築家となり、その当時主流であった帝大出の建築家たちと肩を並べるまでになったその人生には、興味を惹かれるものがあります…

 残念ながら、現存する建物はないようですが、僊石政太郎が手がけた映画館及び劇場は下記の通りです。

昭和2年 富士館(浅草)
昭和3年 明治座(日本橋浜町)
昭和4年 新宿第一劇場(新宿)・帝国館(浅草)
昭和5年 大勝館(浅草/改築)・東京劇場(築地/設計顧問)
昭和6年 帝都座(新宿)・日本倶楽部(大阪)

<明治座>
c0239137_12562178.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-02-20 07:00 | Comments(0)

帝都座(昭和7年)

c0239137_10145661.jpg
 かつて東京・新宿にあった帝都座のパンフレット【週報:1932(昭和7)年5月13日】です。


 裏表紙及び見開きはクラブ化粧品の広告になっています。
c0239137_10145096.jpg

 紹介されている映画の1シーンからも、当時の空気感が伝わってくるような気がします…
c0239137_10144404.jpg

 時代劇スター、片岡千恵蔵主演。
 ちょうどこの頃が、無声映画からトーキーへ切り替わる時期で、この映画は無声映画ですが、次作はトーキーになると告知されています。
c0239137_10143834.jpg
 前回取り上げたムーラン・ルージュ新宿座など、その当時、新宿にあった劇場が紹介されています。

 画家の木村荘八が、昭和7年当時の新宿の映画館街の様子を描いています。
c0239137_10142951.jpg

 武蔵野館を見込む横町の角から描いたものだが、描いた時間はとっぷりと日の暮れた八時だ。折角此の横町は風通しのいい、涼しいところである。ムーラン・ルージュと云った塩梅式で行手の空に風車が廻ってゐる。銀ブラの一党に比べてこゝの散歩党には寧ろねまきと云ひたい程度にぞんざいな浴衣がけが目に付く。
(『東京今昔帖』より)


 帝都座は1931(昭和6)年5月1日、日活映画の封切り館として開館されましたが、映画館の他に5階にダンスホールを設けて興行を行い、また、2階・3階に喫茶室「森永キャンデーストア」、地下には銀座のモナミの出店、大食堂「モナミ」もあって、現代でいう複合アミューズメント施設の先駆けであったようです。
c0239137_10142164.jpg
     (歌舞伎座番組より)


 さて、帝都座の建物は戦災を免れましたが、戦後まもなく帝都座を有名にしたのは、日本初のストリップ・ショー「額縁ショウ」でした。その仕掛け人が、以前に取上げた秦豊吉でした。

 その後、この建物は1972(昭和47)年までありましたが、現在、跡地は「新宿マルイ本館」になっています。
c0239137_10141366.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-02-18 07:00 | Comments(0)