1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
当初は別嬪餅しかなかった..
by モダン周遊 at 11:14
おお 徳庵ですね こ..
by 雪だるま at 06:24
昔の風景も所々に残っては..
by モダン周遊 at 10:49
心斎橋のアーケードに面す..
by 雪だるま at 05:34
確かに三宮の大丸の孔雀は..
by モダン周遊 at 10:56
大丸のシンボルは孔雀 ..
by 雪だるま at 05:57
少し前まではどこにでもあ..
by モダン周遊 at 10:10
力餅食堂 関西を歩いて..
by 雪だるま at 05:44
船場ビルの隣にあったのは..
by モダン周遊 at 11:13
伏見ビルの入口の花瓶 ..
by 雪だるま at 05:28
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


風鈴・神社

c0239137_09421299.jpg

 夏の風物詩・・・風鈴。
c0239137_18040713.jpg
 今まで降りたこともないような駅で、
 ふらっと降りてブラブラしていたら…

 どこからともなく涼し気な風鈴の音が聞こえてきたので、
 誘われるように歩いてゆくと…
 そこには小さな神社がありました。
c0239137_09415727.jpg

c0239137_09414733.jpg

c0239137_09413943.jpg

c0239137_09413238.jpg

 駅前には昭和レトロなささやかなアーケード商店街…
c0239137_09412395.jpg

 遮断機のある線路脇には、力餅食堂、珉珉、居酒屋が並んでいました…
c0239137_09411565.jpg

 どこにでもあるような町の、
 どこにでもあるような風景も、いいものですね…
c0239137_09410753.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-07-21 07:00 | Comments(2)

芦池更科

c0239137_10355304.jpg
 モダン心斎橋筋の番外編・・・

 東急ハンズ心斎橋店横の道を北に歩いてゆくと、2本目の通りの角にあるのが、昭和レトロな大衆食堂「芦池更科」。
c0239137_10354096.jpg

 昭和25年の創業当時と変わらない店内…
c0239137_10351474.jpg

c0239137_10343326.jpg

c0239137_10301218.jpg

c0239137_10300146.jpg

c0239137_10294262.jpg

c0239137_10284984.jpg

 すぐ近くには大阪農林会館もありますが…
 周辺にはオープンテラスのあるカフェなどもあって、なかなかモダンでお洒落じゃないですか…
c0239137_10281403.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-07-18 19:45 | Comments(0)

モダン心斎橋筋 <JAPANESE MODERN>

c0239137_16531346.jpg

 モダン大阪を生涯にわたり描き続けた小説家、藤沢桓夫は旧制大阪高校在学中に仲間たちと同人雑誌『辻馬車』を創刊するなど、青春時代を謳歌しましたが、「私の履歴書」の中でその頃の思い出を次のように語っています。

 それから戎橋筋・心斎橋筋を北へ、いくらか肩を聳やかすような元気な足取りで、さらに心斎橋を渡って、博労町の丸善書店まで行き、丸善の洋書部で新着の文学書やセザンヌやルノワールやローランサンの画集などを覗いて時間をつぶし、その店の2階の喫茶店で1杯のコーヒーか紅茶で大いにまた喋り合い、そこからまた同じコースを難波まで引返すことがしばしばだった。

 昭和2年の「心斎橋筋案内」が紹介されていた『心斎橋筋の文化史』を私が購入したのは、1997(平成9)年に大丸心斎橋店で本の出版を記念した展覧会が開催された時でしたが、その当時はまだ丸善書店は健在で、心斎橋筋には洋書をあつかう店は他にもありました。

 『JAPANESE MODERN』は、かつてあった心斎橋パルコの中の書店ロゴス(アセンスだったかもしれない?)で手に入れたように記憶しますが、さすがにアートやデザイン関係の出版では定評のあるサンフランシスコのクロニクルブックスが手がけたものだけに、掲載作品の選び方やレイアウトが斬新で、私が「松竹座ニュース」のデザインの魅力に憑りつかれたのも、この本の購入がきっかけでした…
c0239137_16530414.jpg
c0239137_16525657.jpg

 クロニクルブックスのこのシリーズの中、『FRENCH MODERN』は京都でしたが、『DUTCH MODERNE』はやはりロゴスで手に入れたものです。
c0239137_16524607.jpg

 すでに『心斎橋筋の文化史』が出版されてから、20年の歳月が経ち、今では心斎橋筋で洋書をあつかっているのはアセンスくらいだけになり、また輸入雑貨では、リチャードもソニータワーもなくなってしまい、他にも「心斎橋筋案内」に載っていたカワチ画材店の店舗ももうありません。

c0239137_16523806.jpg
 その当時から比べても、心斎橋筋は大分様変わりしています。

 ある意味では、より国際的になったとも言える心斎橋筋の今をスナップしてみました…
c0239137_16522881.jpg
c0239137_16522046.jpg

c0239137_16521152.jpg
c0239137_16520179.jpg

c0239137_16515179.jpg


























c0239137_16513279.jpg

























c0239137_16511296.jpg

c0239137_16510191.jpg

























c0239137_16491995.jpg

c0239137_16490054.jpg
c0239137_16484742.jpg

 そんなふうに撮影しながら心斎橋筋をブラブラしていたら、昔のことを思い出しました。

 大丸で『心斎橋筋の文化史』の展覧会を観た後で、今も変わらない中尾書店にフラッと入って目にしたのが「CYCLE CIGARETTES」のパッケージでした。
c0239137_17592810.jpg
 大日本と書かれていたので菊の紋章のマークが入っているのかと思って、ようく見たら…
 自転車の車輪だったところが、大日本帝国時代にもかかわらず、シャレが利いていたので、思わず買ってしまったのでした。
c0239137_17592192.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-07-15 07:00 | Comments(0)

モダン心斎橋筋 <文化発信>

c0239137_15374271.jpg

 大正13(1924)年、心斎橋筋2丁目にひときわモダンなビル、「丹平ハウス」が誕生しました。

 今治水や健脳丸で知られる丹平製薬が建設した画期的な複合商業ビルで、1階には薬局のほかに、アメリカ式の大理石のカウンターや最新式の清涼飲料機械が導入されたソーダ・ファウンテンがあり、上階には美粧部(美容室)や写真スタジオ、そして赤松麟作の洋画塾「赤松洋画研究所」がありました。

 「赤松洋画研究所」は夜間部も備え、画家をめざす若者だけではなく、近隣の大丸などの百貨店から、デザイナーたちもデッサンに通ってくるほどの人気ぶりでした。
 このように、最新流行スタイルのモボ・モガや先進的な文化人たちが集う「丹平ハウス」は、まさに大阪のモダニズム文化の発信地でした。

 下図は前回取り上げた「心斎橋筋案内」がつくられたのと同じ昭和2(1927)年の丹平製薬の従業員ノートですが、赤松麟作が手がけたと思われる、ジャワの影絵人形をモチーフにしたエスニックなデザインがなかなかオシャレです…

c0239137_15240989.jpg

 「心斎橋筋案内」を見ると、「丹平ハウス」の向かいにあって、共に大阪のモダニズム文化の発信地となった「をぐらや」のビルは建設中になっています。
 また、八幡筋の東角に今もある「不二家」や「森永キャンデーストア」など、モダン心斎橋筋を彩った店もこの時点ではまだできていません。

c0239137_15240147.jpg

 かつて「丹平ハウス」があった現在の場所です…
c0239137_15235234.jpg

 「丹平ハウス」の隣は「小大丸」。

 小大丸の店先に吊られた提灯と、黒く光る軒柱は、昔の心斎橋筋をしのぶ唯一のものであらう。どうせ世の中が変つてしまへば、人間の生活が変つてしまへば、このクラシツクが、却つて、モダアンぢゃないかとおもはれるほどの、ちか頃の心斎橋筋である。

 北尾鐐之助 が<心斎橋筋の一考察 『近代大阪』>の中で上記のように述べていた「小大丸」も今はビルの中です。
c0239137_15234274.jpg

c0239137_15233422.jpg

 昭和のはじめから今も同じ場所にある店は、本当に貴重になってしまいました…
c0239137_15232288.jpg

 ところで、「不二家」の角を曲がったところの八幡筋は当時、美術・骨董街だったようで、畳屋町八幡筋角にあった「柳屋画廊」も大阪のモダン文化の一翼を担う店だったと言われています。
 下の写真は「柳屋画廊」があった辺り。この道を奥(東)に歩いて行くと「浪花組本社ビル」があります。
c0239137_15231350.jpg

 美術・骨董街の面影もないわけではありません…
c0239137_15230451.jpg

 さて、下図は「心斎橋筋案内」の1丁目の北端です。
 現在、石原時計店の「石原ビル」が淀屋橋のランドマークになっていますが、この当時、心斎橋のランドマークは石原時計店のビルでした。
c0239137_15225653.jpg

 その当時の絵葉書より…心斎橋と「石原時計店」。
 アサヒビールの看板の「いろは食堂」も有名だったようです。
c0239137_15224798.jpg

【参考】大阪市パノラマ地図(大正12年当時)
    心斎橋筋1、2丁目(丹平薬局があった辺り迄)
c0239137_17471344.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-07-12 07:00 | Comments(2)

モダン心斎橋筋

c0239137_14142053.jpg

 先日の古本市で昭和2(1927)年につくられた「心斎橋筋案内」を手に入れました。

 これはコンパクトサイズの折り本で、心斎橋筋の1、2丁目の店舗が描かれているのですが、橋爪紳也監修『心斎橋筋の文化史』によれば、各店から注文を取って各々の広告を表紙に使って印刷頒布し、それを各店が顧客に配ったものだということです。
c0239137_14141263.jpg

 当時は「大大阪」と云われ、「東の銀座、西の心斎橋」と並び称され、「銀ブラ」に対して「心ブラ」が大流行していました。

 一口に心斎橋筋といふが、大体これを四つに分ける。
 長堀川に架つた心斎橋から、北の方新町橋通り付近に至るものを心北(しんきた)。それから心斎橋を渡つて南へ、大丸百貨店の、もう一つ南の辻、周防町までを心斎橋筋一丁目。それからまた南へ、道頓堀川に架つた戎橋までを同じく二丁目。戎橋から更に南へ、難波までを戎橋筋。
 かう分けてみると、世にいふ=心ぶら=とは・・・その一丁目及び二丁目がもつところの、凡そ七百メートルほどの小売商店街を覗きながら歩くことをいふのである。

 北尾鐐之助 <心斎橋筋の一考察『近代大阪』より

 「心斎橋筋案内」は、あの肥田晧三先生が所蔵する他には、現在ではほとんど残っていない貴重資料だということですが…それにしてはリーズナブルでした(^^)

 下図は『心斎橋筋の文化史』で紹介されていた図版です。
c0239137_14140574.jpg

 現在、建て替え工事中の大丸心斎橋店のフェンスでは、大丸の歴史が紹介されていますが、昭和初期の説明に「心斎橋筋案内」が使われていました。
c0239137_14135885.jpg

 大丸が近代的な百貨店のビルとして完成したのは御堂筋側ができた昭和8(1933)年ですが、昭和2年当時、「心ブラ」でにぎわう心斎橋筋の側は既にできており、こちらが正面玄関でした…

c0239137_14135392.jpg

c0239137_14134331.jpg

 「心斎橋筋案内」に描かれた図と比べてみると、中央玄関の孔雀や周辺の装飾は、ほとんどが当時のままだったことがわかります…

c0239137_14133374.jpg

c0239137_14132370.jpg

c0239137_14131345.jpg

c0239137_14395447.jpg

 心斎橋筋の大丸の屋上にのぼつて大都市街を展望する。近く完成した大阪歌舞伎座のビルディングや南海高島屋のビルディングなど、いづれも、空際に新しい色と線とを画して聳立してゐる。其他にも、新しいビルディングの出現はだいぶふえてきてをる。が、併し、よく見ると、自分の立つてるビルディングの脚下から、依然として、累々連つてをるあの大阪独特の町家のドス黒い屋なみを見出すであらう。
 橡内吉胤 <大阪の色から『日本都市風景』より

 関東大震災により古い町並みが無くなってしまった東京とは違って、心斎橋筋には古い町家が残っていましたが、後に村野藤吾の設計によりモダンなビルになった「そごう百貨店」も、まだこの当時は「十合呉服店」の時代で大正時代の面影を残す店舗でした。
c0239137_14124225.jpg

 余談になりますが、現在の「大丸心斎橋店・北館」の建物は「そごう百貨店」のリニューアルの際に建てられたものですが、出入口の庇のデザインは、「十合呉服店」のデザインを踏襲しているような気がしないでもない…?
c0239137_14123426.jpg

 私が手に入れた「心斎橋筋案内」は「羽田貴金属店」のもので、店舗は「十合呉服店」の向かいにありました。

c0239137_14122656.jpg

 かつて「羽田貴金属店」があった辺りと思われる現在の店頭風景。
c0239137_14121957.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-07-09 07:00 | Comments(2)