1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
確かに…阪急ビルにしても..
by モダン周遊 at 07:32
梅田周辺の再開発 急速..
by 雪だるま at 05:47
八尾は、 現在の大阪文..
by モダン周遊 at 22:30
八尾といえば 雪だるま..
by 雪だるま at 05:56
今は、政財界での交流はゴ..
by モダン周遊 at 11:35
こちらの本館 元は新田..
by 雪だるま at 09:14
私の時は、 ボランティ..
by モダン周遊 at 07:16
吹田にあるこちら 見学..
by 雪だるま at 06:10
盆踊りなので夜が本番なん..
by モダン周遊 at 21:00
雪だるまも この盆踊り..
by 雪だるま at 05:54
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


山田伸吉と「松竹座ニュース」<その1>

c0239137_8482799.jpg

 このブログのタイトル画像は山田伸吉がデザインした「松竹座ニュース」の表紙(※shinのサイン入り)で、1925年(大正14年)9/11~9/17 のもの。そして上記写真は1925年(大正14年)9/4~9/10 のもので、図案の中のモチーフ(精子のような・・・)が共通のところから、これも山田伸吉の作と思われる。この2点は3年前に手に入れたものだが、上記写真のものは1996年発行の「JAPANESE MODERN」で紹介されている。
 ところで、1925年といえば、フランスのパリで「アール・デコ博」が開催された年であり、ル・コルビュジェが活躍しはじめた頃だ。この「松竹座ニュース」のデザインはまさに時代の先端を行く表現であったことが分かる。
そこで、このデザインが生まれる頃までの山田伸吉のプロフィール及び時代背景を簡単にまとめてみた。
c0239137_11362915.jpg

c0239137_8494599.jpg

山田伸吉(1903.6.13~1981.3.14)
1903年(明治36年):大阪で生まれる。

1912年(明治45年):7月3日、大阪に「通天閣」をシンボルとする「新世界(ルナパーク)」がオープンする。

1913年(大正2年)頃:道頓堀に「カフェ・パウリスタ」、続いて「キャバレー・ヅ・パノン」が誕生。「キャバレー・ヅ・パノン」の建物の設計は山田敏之助(山田伸吉の父)と足立源一郎(洋画家・春陽会)。※「モダン道頓堀探検」(橋爪節也編集)創元社 で詳しく紹介しています。

1914年(大正3年):「宝塚歌劇団」、初演。大阪・千日前に娯楽施設「楽天地」がオープンする。※第一次世界大戦(~1918年)

1918年(大正7年):大阪市中央公会堂(中之島)が完成。竹久夢二、『宵待草』セノオ楽譜から発刊、全国的なヒットとなる。

1919年(大正8年):【ドイツ】ワイマールに「バウハウス」が創立。

1922年(大正11年):山田伸吉(19歳)、松竹座に入社。※最初の仕事:映画「底なしの湖」(10/11~主演:諸口十九、川田芳子)のポスター。
5月、「女性」(プラトン社)創刊(タイトルデザイン=山六郎)

1923年(大正12年):5月10日、道頓堀「松竹座」、大阪初の洋式劇場として開場。
※~映画というメディアによって、東京と大阪、さらに、ニューヨークやパリ、ベルリンなど世界中の都市が、2、30年代に交流しあっていたことを思い出そう。松竹座は、大阪のモダニズムの窓だったのである~「モダン・シティふたたび」海野弘 著(1987)。
プラトン社に山名文夫が入社。大阪市立工芸学校、開校。7月、村山知義、柳瀬正夢等が中心となって前衛美術団体マヴォ結成。9月1日、関東大震災。

1924年(大正13年):山田伸吉(21歳)、ポスター「ネロ」を制作。
1月、「苦楽」(プラトン社)創刊(タイトルデザイン=橘文策)。

1925年(大正14年):山田伸吉(22歳)、ポスター「罪と罰」「十誡」「ジークフリート」「クリームヒルトの復讐」「ドン・Q」等を制作。
7月1日、大阪に娯楽施設「市岡パラダイス」がオープンする。

1926年(大正15年):松竹座で「春のおどり(第1回)」開演。山田伸吉も1929(昭和4年)頃より舞台意匠の仕事が中心となっていく。
<つづく>

松竹座ニュース【9/13~9/19】〔京都・新京極〕 1928年(昭和3年)
c0239137_845245.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2012-02-16 12:30 | Comments(0)
<< 山田伸吉と「松竹座ニュース」<... 第3回 水の都の古本展 >>