1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
古本まつりは16日までや..
by モダン周遊 at 07:17
下鴨の古本祭り こんな..
by 雪だるま at 05:53
ここは、たくさん見どころ..
by モダン周遊 at 10:53
最後の写真の場所 雪だ..
by 雪だるま at 05:53
そうですね… ここは、..
by モダン周遊 at 12:07
こちらは 京都芸術セン..
by 雪だるま at 05:41
以前から撮影しようと思っ..
by モダン周遊 at 11:05
この写真を見せられると ..
by 雪だるま at 05:31
脱藩していた龍馬も、 ..
by モダン周遊 at 12:56
京都市中で レトロな建..
by 雪だるま at 05:53
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「白鬚橋」 ~ 藤牧義夫

c0239137_2123698.jpg

 前回の十三大橋と同じく増田淳が設計した白鬚橋(しらひげばし)だが、これは数年前の写真で、私は向島に行った際には幾度かこの橋を渡っている。
c0239137_2134287.jpg

 1931(昭和6)年に完成した白鬚橋は、アーチは中央部のみだが、両サイドのトラス部に続く造形がダイナミックで、重厚感あふれる橋に仕上がっており、同時期に造られた十三大橋とはまた違った造形美をみせている。
c0239137_2142116.jpg

◇藤牧義夫 『隅田川絵巻』より「白鬚橋」
c0239137_216661.jpg

 さて、『モダン都市東京』(海野弘著)の中で、モダン都市の風景を発見した画家として藤牧義夫をとりあげているが、藤牧にとっての白鬚橋については、次のように記している。
 ~『隅田川絵巻』の中でも白鬚橋はひときわ印象的である。藤牧は館林から東武鉄道に乗ってやってきて、浅草に住みついた。彼にとってこの大都市の光景は驚異であり、その象徴が鉄骨アーチの白鬚橋だったのである。彼は浅草に住んで、銀座に勤める。そして大都市と格闘するが、激しくたたきつけられ、生活に敗れてゆく。藤牧のメトロポリスへの想いは二つに引き裂かれている。鉄とガラスのダイナミックな現代都市は彼を強くひきつける。しかしこの都市は残酷であり、彼を貧困の鎖によってぎりぎり締めつけてゆく。藤牧の版画の都市風景には、この二重の想いが表現されている。そしてついに生きる道を失った時、このメトロポリスのうちで彼が最も親しみ、しばしばもの想いにふけりつつその堤防をさすらった隅田川を描き遺しておきたいと藤牧は望んだのではないだろうか。この都市の周辺地区こそ、彼の東京だったのである。

◇藤牧義夫 「赤陽」1934年
c0239137_2172741.jpg

 藤牧義夫(1911-1935?)は、群馬県館林に生まれ、16歳で上京し、働きながら独学で木版画を習得。関東大震災後に復興した1930年代の東京の風景を中心に、独自の視点から構成し表現した。全4巻・全長60メートルに及ぶ白描『隅田川絵巻』はその代表的作品だが、24歳のとき東京で失踪した。
[PR]
by suzu02tadao | 2013-01-17 21:13 | Comments(0)
<< side view も…「いい... 「十三大橋」 >>