1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
あ、並んでません… 実..
by モダン周遊 at 22:53
早起きは三文の徳…といっ..
by モダン周遊 at 22:50
こちら並ばれてたんですね..
by 雪だるま at 21:42
こちらの自由見学 行か..
by 雪だるま at 21:41
今年のイケフェスは例年に..
by モダン周遊 at 19:34
昨年教えていただき 今..
by 雪だるま at 16:11
私が行ったのはオープンの..
by モダン周遊 at 12:25
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 05:36
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


初期伊万里「女郎花文盃」

c0239137_1103698.jpg

 この初期伊万里の盃は、15年ほど前に「老松古美術祭」で手に入れたものだが、発掘品のためなのか、あまりにも値段が安かったため、「古民芸まつもと」の松本さんに教えてもらって初めて初期伊万里と分かったもので、右側の盃の金継ぎは松本さんに道楽でしていただいたものだ。

 さて、図柄については、女郎花(おみなえし)のようで、反対側の面は対の鳥のようなのだが、いま一つ分からなかった。
c0239137_1122285.jpg

 しかしながら、10年前、MIHO MUSEUM において、尾形乾山の作品、藤原定家の家集『拾遺愚草』に収められた、月ごとに花と鳥を詠んだ月次花鳥和歌二十四首を題材にした「色絵定家詠十二ケ月和歌花鳥図角皿」及び「定家詠十二ケ月和歌花鳥図」を見た時、この初期伊万里の盃の図柄と同じテーマではないのかと思ったのだった。

◇色絵定家詠十二ケ月和歌花鳥図角皿(七月)
c0239137_1141846.jpg

 「色絵定家詠十二ケ月和歌花鳥図角皿」の裏側には「定家詠十二ケ月和歌花鳥図」と同じ和歌が書かれており、内容は次の通りとなっている。

七月
 女郎花
秋ならてたれもあひみぬ女郎花
契やをきしほし合のそら
 鵲
長き夜にはねをならふる契とて
秋まち渡るかささきの橋


◇定家詠十二ケ月和歌花鳥図/女郎花・鵲図(七月)
c0239137_1142062.jpg

 7月7日の七夕の夜、牽牛、織女の二星の、年に一度の逢瀬のために、鵲(かささぎ)は翼をならべて天の川に橋をつくるという古代中国の伝説がある。

 だとすれば、盃の鳥のような図は、つがいの鵲で、なんとなく二つの星のようにも見えるように描いてあるのでは…?。

 乾山の作品は王朝世界への憧憬からのものらしいが、乾山より一時代前の江戸初期にも王朝趣味が流行っていたのかもしれませんね。

 江戸初期において、磁器をつくることは当時の最先端ハイテク技術であって、その後に生れた「古九谷」磁器に当代一流の狩野派の絵師が絵付けをしたと伝えられているように、初期伊万里の絵付けにも、風雅を愛でる絵師が関わっていたのではないのだろうか・・・。

 もうすぐ七夕・・・ただし、上記の歌にもあるように、これは旧暦の七夕で、季節は秋となっており、今年は8月13日になるようです。

 それはさておき、七夕には暑気払いに、この盃に冷酒を注いで、いにしえの王朝世界に想いをはせるのもおつなものです。

【参考】尾形光琳の師匠:山本素軒が描いた「定家詠十二ケ月和歌花鳥図(七月)」
c0239137_11103391.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2013-07-04 11:15 | Comments(0)
<< かささぎ橋 「街角レトロ」 面格子ギャラリ... >>