1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
あ、並んでません… 実..
by モダン周遊 at 22:53
早起きは三文の徳…といっ..
by モダン周遊 at 22:50
こちら並ばれてたんですね..
by 雪だるま at 21:42
こちらの自由見学 行か..
by 雪だるま at 21:41
今年のイケフェスは例年に..
by モダン周遊 at 19:34
昨年教えていただき 今..
by 雪だるま at 16:11
私が行ったのはオープンの..
by モダン周遊 at 12:25
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 05:36
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


タエコの朝食

◇池田満寿夫「タエコの朝食」1963年
c0239137_12321777.jpg

 昨年末に紹介した同人誌の詩集「響」第3号(1962年12月15日発行)には、富岡多恵子の「ちいさな恋の唄」と題した中の一編物語してが載っていました。


物語してあけた朝

あなたはマッチをつける

あなたはタバコをすう

あなたはふたつのコップに

すこしづつの砂糖をいれた

それからあなたはマッチをすり

あたしはタバコをすい

ふたりは安い朝食をはさんで

それからあなたはあたしに

はじめておまえと呼んだ

それからあたしは

はじめて泣いた


 美術評論家の田中穣は、1960年に読売新聞社の美術記者として、東京国際版画ビエンナーレ展で受賞した池田満寿夫を取材した時のことを次のように書いています。

 < 四合ビンの酒と、サントリーの角ビンが、小さなちゃぶ台の上におかれていたうちの酒を所望した私は、冷や酒を湯のみ茶わんで馳走された記憶もある。ピーナッツと、せんべいと、さきいかといった、ごく庶民的な酒のさかなの振舞いに、私は撮影をすました写真部員が帰ったあとも腰をすえて、夜の更けるのも忘れてしゃべりこんだ。
 素朴で、断片的なイケダのおしゃべりを、そばから夫人が補足解説し、私は肝心のイケダより気楽に話せる夫人に、むしろ意気投合した気分になったものであった。
 この人が昭和三十三年春に現代詩人会のH氏賞を受賞していた、詩人の富岡多恵子氏であった。>


 1960年に富岡多恵子と暮らし始めてから池田満寿夫の作品には、二人の日常生活を主題にした、田中穣曰く“タエコもの”が中心となっています。
 この当時の池田の作品を最盛期と評価する評論家も多いのですが、交遊関係も広がり、飯島耕一、西脇順三郎、鍵谷幸信、吉岡実などの詩人との交際が増えています。

 その後、1966年にヴェネツィア・ビエンナーレ展版画部門で「タエコの朝食」などの作品で国際大賞を受賞します。
 そして…その頃より、版画の技法もドライポイントからリトグラフに変わって行き、二人は別れます。

 池田のバイオグラフィーを見ると、後の芥川賞を含め、受賞の節目ごとにパートナーを替えていた感があります。

c0239137_12392846.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2015-01-08 12:45 | Comments(2)
Commented by cesariana at 2015-01-08 13:05
今年もよろしくお願いします。
懐かしいわ。池田満寿夫さんの本を次々と呼んだ時期がありました。
多才で魅力的。
歳下の私がみても、気取った、偉ぶった所がなくてかわいいオトコでも有ります。
もてた理由がよく分かる。
お亡くなりになってどの位経つでしょうか…また、ブームが来るかしら。

Commented by モダン周遊 at 2015-01-08 16:43 x
こちらこそ、よろしくお願いします。
そういえば、池田満寿夫が亡くなってから、もう15年以上も経つのですね…
池田満寿夫が芥川賞を受賞した頃から、フュージョンとかクロスオーバーなどといったポップカルチャーが注目をあびるようになって、それが現在まで続いているような気もするのですが…
<< 「書窓」恩地孝四郎 名阪特急「ビスタカー」1960年 >>