1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
古本まつりは16日までや..
by モダン周遊 at 07:17
下鴨の古本祭り こんな..
by 雪だるま at 05:53
ここは、たくさん見どころ..
by モダン周遊 at 10:53
最後の写真の場所 雪だ..
by 雪だるま at 05:53
そうですね… ここは、..
by モダン周遊 at 12:07
こちらは 京都芸術セン..
by 雪だるま at 05:41
以前から撮影しようと思っ..
by モダン周遊 at 11:05
この写真を見せられると ..
by 雪だるま at 05:31
脱藩していた龍馬も、 ..
by モダン周遊 at 12:56
京都市中で レトロな建..
by 雪だるま at 05:53
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「朝日ビル素描」モダン・ボーイ!石川純一郎

c0239137_14291950.jpg

 「大阪朝日ビル」については、「つかの間の景観」「大阪朝日ビル」「大阪朝日ビル~東京宝塚劇場」と…すでに3回も取り上げてますが、先日手に入れた雑誌『建築と社会』(昭和7年2月号)には、竣工当時の写真をたくさん載せた特集が組まれていて、これを見ると、いかにセンセーショナルなビルだったのかが伝わってきます。
c0239137_1430176.jpg

 モダン・ムーブメントの最先端を行く建築として、内外の様式は、従来のオフィスビルの常套を全く脱して、自由に奔放に、新材料と新手法を駆使していて、今見ても斬新だったことがよくわかるのですが、面白いことに、このビルを設計した石川純一郎(1897-1987)が朝日ビル素描と題して載せている文章が、施設の説明というよりは、まさに、モボ・モガがいる情景を描いたポエムになっているのです!
 インテリアの写真と共に、その一部を抜粋してみます。

◇1階広間
c0239137_14304095.jpg
断髪の
明朗そのものゝ面貌(おもざし)
漆黒の衣装
銀鼠のボアが
プレート・グラスの二重扉を排して出る
扉の枠は軽合金
押せば静かにしまるフロアー・ヒンジ

茶色と鼠のダブルブレスト
キャメルの煙がすれ違ふ
それを合図に
二階の店への矢印に
ネオンサインがウヰンクする


◇1階広間から2階専門大店に導く大階段
c0239137_14324189.jpg
丸髷の襟脚
ハーウツドの腕時計
スカーフの格子柄
絵具箱がコトコト耳打ちをする
ハバナ
プンクタール

制服の金ボタン
重ね草履がスーツと辷つてテレマークの美技を見せる
ロートの女
ローランサンの女


◇喫茶店(専門大店)
c0239137_14334730.jpg
サンキストのピンク色とコティの橙黄色とが漂はす香気
喫茶店の入口を霧の様になびいて来るブラツク・カフエーのリズムとビクターの嗅覚

何時だらう?
オヤ四時
お茶の時刻
彼氏と約束がしてあつた


◇5階 クラブ室
c0239137_14362585.jpg

◇10階 洋食堂(アラスカ)
c0239137_1436481.jpg

◇10階 バー
c0239137_14372957.jpg

〈 ロートの女…ローランサンの女…〉とありますが、やはり、アンドレ・ロートとマリー・ローランサンの絵はその当時のお洒落なモダン・スタイルの象徴だったことが分かります。
 そして、建築専門誌に、あえてこのような文章を書いたモダン・ボーイ、石川純一郎の心意気も十分に伝わってくるような気がします。
c0239137_14385411.jpg

 さて、下の写真は正面入口です。
c0239137_14401685.jpg
 解体直前の写真と比べてみると、スーパー・アルミニュウムの円形照明盤が配列された天井やガラス製カバーの照明柱など、竣工当時のほうがモダンであったようです。
c0239137_14404085.jpg
 ただし、ニッケルクローム鋼板製の渦状紋の見える柱は竣工当時のままだったようです。
c0239137_1441674.jpg

 これは建て替え工事中の現在の風景です…
c0239137_14413375.jpg

c0239137_14414846.jpg

 雑誌『建築と社会』には、この他にも建設工事中などの興味深い写真も載っているので、また機会があれば取り上げたいと思います。
c0239137_14421863.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2015-02-10 14:50 | Comments(0)
<< 路地裏画報「天神橋筋商店街」 路上スケッチ「神戸三宮」 >>