1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
あ、並んでません… 実..
by モダン周遊 at 22:53
早起きは三文の徳…といっ..
by モダン周遊 at 22:50
こちら並ばれてたんですね..
by 雪だるま at 21:42
こちらの自由見学 行か..
by 雪だるま at 21:41
今年のイケフェスは例年に..
by モダン周遊 at 19:34
昨年教えていただき 今..
by 雪だるま at 16:11
私が行ったのはオープンの..
by モダン周遊 at 12:25
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 05:36
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


モダン心斎橋筋

c0239137_14142053.jpg

 先日の古本市で昭和2(1927)年につくられた「心斎橋筋案内」を手に入れました。

 これはコンパクトサイズの折り本で、心斎橋筋の1、2丁目の店舗が描かれているのですが、橋爪紳也監修『心斎橋筋の文化史』によれば、各店から注文を取って各々の広告を表紙に使って印刷頒布し、それを各店が顧客に配ったものだということです。
c0239137_14141263.jpg

 当時は「大大阪」と云われ、「東の銀座、西の心斎橋」と並び称され、「銀ブラ」に対して「心ブラ」が大流行していました。

 一口に心斎橋筋といふが、大体これを四つに分ける。
 長堀川に架つた心斎橋から、北の方新町橋通り付近に至るものを心北(しんきた)。それから心斎橋を渡つて南へ、大丸百貨店の、もう一つ南の辻、周防町までを心斎橋筋一丁目。それからまた南へ、道頓堀川に架つた戎橋までを同じく二丁目。戎橋から更に南へ、難波までを戎橋筋。
 かう分けてみると、世にいふ=心ぶら=とは・・・その一丁目及び二丁目がもつところの、凡そ七百メートルほどの小売商店街を覗きながら歩くことをいふのである。

 北尾鐐之助 <心斎橋筋の一考察『近代大阪』より

 「心斎橋筋案内」は、あの肥田晧三先生が所蔵する他には、現在ではほとんど残っていない貴重資料だということですが…それにしてはリーズナブルでした(^^)

 下図は『心斎橋筋の文化史』で紹介されていた図版です。
c0239137_14140574.jpg

 現在、建て替え工事中の大丸心斎橋店のフェンスでは、大丸の歴史が紹介されていますが、昭和初期の説明に「心斎橋筋案内」が使われていました。
c0239137_14135885.jpg

 大丸が近代的な百貨店のビルとして完成したのは御堂筋側ができた昭和8(1933)年ですが、昭和2年当時、「心ブラ」でにぎわう心斎橋筋の側は既にできており、こちらが正面玄関でした…

c0239137_14135392.jpg

c0239137_14134331.jpg

 「心斎橋筋案内」に描かれた図と比べてみると、中央玄関の孔雀や周辺の装飾は、ほとんどが当時のままだったことがわかります…

c0239137_14133374.jpg

c0239137_14132370.jpg

c0239137_14131345.jpg

c0239137_14395447.jpg

 心斎橋筋の大丸の屋上にのぼつて大都市街を展望する。近く完成した大阪歌舞伎座のビルディングや南海高島屋のビルディングなど、いづれも、空際に新しい色と線とを画して聳立してゐる。其他にも、新しいビルディングの出現はだいぶふえてきてをる。が、併し、よく見ると、自分の立つてるビルディングの脚下から、依然として、累々連つてをるあの大阪独特の町家のドス黒い屋なみを見出すであらう。
 橡内吉胤 <大阪の色から『日本都市風景』より

 関東大震災により古い町並みが無くなってしまった東京とは違って、心斎橋筋には古い町家が残っていましたが、後に村野藤吾の設計によりモダンなビルになった「そごう百貨店」も、まだこの当時は「十合呉服店」の時代で大正時代の面影を残す店舗でした。
c0239137_14124225.jpg

 余談になりますが、現在の「大丸心斎橋店・北館」の建物は「そごう百貨店」のリニューアルの際に建てられたものですが、出入口の庇のデザインは、「十合呉服店」のデザインを踏襲しているような気がしないでもない…?
c0239137_14123426.jpg

 私が手に入れた「心斎橋筋案内」は「羽田貴金属店」のもので、店舗は「十合呉服店」の向かいにありました。

c0239137_14122656.jpg

 かつて「羽田貴金属店」があった辺りと思われる現在の店頭風景。
c0239137_14121957.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-07-09 07:00 | Comments(2)
Commented by 雪だるま at 2017-07-11 05:57 x
大丸のシンボルは孔雀
京都の大丸でも孔雀を見ました
そう書いていて
そういえば三宮の大丸で見た記憶がありません
心斎橋の大丸は見ること叶いませんが
三宮なら見れる、今度行ったときは注意して見てみないと
Commented by モダン周遊 at 2017-07-11 10:56 x
確かに三宮の大丸の孔雀は印象にないですね…
もっとも心斎橋の孔雀をアップで撮ったのは、
建て替えを知ってからですが…
<< モダン心斎橋筋 <文化発信> 紫陽花祭 <力餅食堂> >>