1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
あ、並んでません… 実..
by モダン周遊 at 22:53
早起きは三文の徳…といっ..
by モダン周遊 at 22:50
こちら並ばれてたんですね..
by 雪だるま at 21:42
こちらの自由見学 行か..
by 雪だるま at 21:41
今年のイケフェスは例年に..
by モダン周遊 at 19:34
昨年教えていただき 今..
by 雪だるま at 16:11
私が行ったのはオープンの..
by モダン周遊 at 12:25
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 05:36
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


旧西尾家住宅と武田吾一 【3】

c0239137_14132940.jpg
 旧西尾家住宅の主屋の縁座敷。

 元々は板縁であった縁側を、離れを増築した際に、武田五一の指導により、畳縁に変更して、洋風のガラス戸が備えられています。
c0239137_14132153.jpg
 全てのガラス戸には面取りカットガラスが使用されているため、日光によるプリズム効果で光の模様が映し出されます。
c0239137_14131305.jpg
 光の模様は、季節や時間帯によって様々に変化するようです…

 最初にここに来た時には曇っていて見えていなかったのですが、周囲を撮影している間に日が射してきて、美しい光の模様を見ることができたのは、とてもラッキーでした。

 照明器具も武田五一がデザインしたアールヌーボー調のものになっています。
c0239137_14130631.jpg

 西尾家は仙洞御料庄屋を代々務めた家柄で、当主が教養豊かな茶匠でもあったことから、江戸時代には多くの文人が訪れ、明治以降も財界人や文化人と盛んに交流がおこなわれたということです。
c0239137_14125965.jpg

 明治時代に建てられた主屋は、茶道藪内家の茶の湯の精神や当主の数寄屋趣味による瀟洒な意匠を取り入れた造りになっていました。
c0239137_14125300.jpg


c0239137_14124788.jpg


c0239137_14124131.jpg


c0239137_14123275.jpg


c0239137_14122377.jpg

 他にもいろいろと見どころのある主屋ですが、このレトロな電話器は吹田の地で最初に電話を敷設した時のもの。電話番号は0001番だったそうで、今も変っていないとのこと。
 ちなみに0002番はアサヒビール、0003番が吹田役場だったそうです。
c0239137_14121363.jpg


 旧西尾家住宅は、主屋と離れの他に茶室のある日本庭園などもあって、敷地全体が国の重要文化財に指定されており、吹田文化創造交流館として一般公開されています。(入館料は無料)

c0239137_14120415.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-09-13 12:00 | Comments(2)
Commented by 雪だるま at 2017-09-18 09:14 x
こちらの本館
元は新田会所で米蔵もあった建物で
近隣では最も早く電化した屋敷でもありましたね
後の改築で縁側がサニタルームになったりと
少し和テイストが減ってしまっていますが
この邸宅の大きさと規模は剛勇ぶりを伺わせますね
Commented by モダン周遊 at 2017-09-18 11:35 x
今は、政財界での交流はゴルフですが、
昔は、この屋敷でも茶会が催され、
小林一三や村山龍平もよく訪れたようです…
<< 寺町二条「かぎや茶寮」 九月 旧西尾家住宅と武田吾一 【2】 >>