1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
あ、並んでません… 実..
by モダン周遊 at 22:53
早起きは三文の徳…といっ..
by モダン周遊 at 22:50
こちら並ばれてたんですね..
by 雪だるま at 21:42
こちらの自由見学 行か..
by 雪だるま at 21:41
今年のイケフェスは例年に..
by モダン周遊 at 19:34
昨年教えていただき 今..
by 雪だるま at 16:11
私が行ったのはオープンの..
by モダン周遊 at 12:25
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 05:36
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2013年 12月 16日 ( 1 )

尼崎市立大庄公民館

c0239137_1172182.jpg
 1937(昭和12)年に大庄村の村役場として建てられたこの建物は、村野藤吾(1891-1984)の初期の作品です。

 茶褐色のタイルが外壁全面に貼られ、そのところどころに動植物のレリーフが飾られているのが特徴ですが、玄関の南側外壁には、鷲の頭とライオンの胴を持つギリシャ神話上の動物「グリフィン」のレリーフがあります。
c0239137_1181942.jpg

 玄関の真上にはオリーブの枝をくわえた鳩のレリーフがあって、「ようこそ…」と迎えてくれます。オリーブも鳩もどちらも平和の象徴なので、こんなところにも村野藤吾のメッセージが伺えます。
c0239137_1185342.jpg

 塔屋にもオリーブの木の透かし彫りが装飾されており、また塔屋の天井部には星や雲のレリーフがあるそうです。
c0239137_11104791.jpg

 この建物は正面側から見ると箱型のブロックの組み合せにより構成されています。
c0239137_11112627.jpg
c0239137_11114488.jpg

 ところが、裏側から見ると、建設当時にあった水路に合わせて1階の外壁が円弧を描き、その上に箱型の2・3階が後退しながら積み重なるという構成になっていて、見る方向によって形がまったく違って見える建物なのです。
c0239137_1112223.jpg

 エントランス廻りの造形もなかなか凝っています。
c0239137_11184167.jpg

c0239137_11191426.jpg

 ところで、私が感心したのは、この公民館には、来館者が自由に持ち帰れる建物についてのパンフレットが置いてあったことです。
c0239137_11203876.jpg
 このパンフレットには建物の建設経緯や概要等が載っており、下記は、その一部を抜粋したものですが、これを読んだだけでも、この建物が公共施設として地域に溶け込みながら大切に扱われているということが良くわかります。
 隣接するどこかの自治体とは大変な違いです・・・

 <武庫川下流東側に位置する大庄村は、昭和初期までは漁業と尼いもと呼ばれたさつまいも栽培が盛んな農・漁村でしたが、1929(昭和4)年に浅野財閥が設立した尼崎築港㈱により臨海地域の大規模な埋立てが行われ、埋立地に大工場が進出してきたことにより昭和10年代には急速に都市化が進み「日本一裕福な村」「日本一の大村」と称されるまでに発展しました。>

 <1938(昭和13)年12月発行の『アサヒグラフ』は「これでも村役場?」との大見出しで大庄村役場の特集を組んでおり、大庄村役場の建築が当時、いかに世間から驚きを持って迎えられていたのかがわかります。また、建設当時を知る地域の古老からは、村民たちが日本一の村役場だと自慢していたことや、このようなハイカラな村役場を建てた当時の村長や村会議員は偉かった、いくら考えても訳のわからない不思議な建物だ、などいろいろな思い出話が語られており、大庄村役場が「自慢だけど不思議な」建物として、地域に受容されていた様子がうかがえます。>

c0239137_11232265.jpg
 さて、次回はこの建物のすぐ隣にある大庄小学校を取りあげてみます・・・
[PR]
by suzu02tadao | 2013-12-16 11:30 | Comments(0)