1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
古本まつりは16日までや..
by モダン周遊 at 07:17
下鴨の古本祭り こんな..
by 雪だるま at 05:53
ここは、たくさん見どころ..
by モダン周遊 at 10:53
最後の写真の場所 雪だ..
by 雪だるま at 05:53
そうですね… ここは、..
by モダン周遊 at 12:07
こちらは 京都芸術セン..
by 雪だるま at 05:41
以前から撮影しようと思っ..
by モダン周遊 at 11:05
この写真を見せられると ..
by 雪だるま at 05:31
脱藩していた龍馬も、 ..
by モダン周遊 at 12:56
京都市中で レトロな建..
by 雪だるま at 05:53
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2017年 05月 28日 ( 1 )

バヤリース&ビール

c0239137_11440446.jpg

 バヤリース・オレンジが日本国内で製造販売されたのは、1951(昭和26)年かららしいですが、これは、その当時の包装紙のようです。
 アンディ・ウォーホルが手がけたコカ・コーラのポップアート作品みたいで面白かったので、20数年前に老松町の骨董店で手に入れたものです…

 アサヒビール初代社長であった山本為三郎(1893-1966)は、その著書『上方今と昔』の中で次のように語っています。

 こんどの戦争が終ってみると、アメリカでは昔からオレンジ・ジュースはあったのですが、戦争中に瓶詰飲料として非常にはびこって来ていたのです。私が三十数年前に必要だと思って売出したレモラのようなものが、たいへん喜ばれている。そこでバヤリース・オレンジというものを、日本へ採入れたのです。これはカリフォルニア・オレンジです。宝塚でやっているウイルキンソン会社にやらしたのですが、今日ではブームといっていいくらい、各地で瓶詰オレンジ・ジュースがサイダーと並んで盛んに売れています。

 レモラというのはレモンとオレンジのジュースですが…

 これはうまいというので好評だったのですが、当時はサイダーと両立しない、レモラが売れると三ツ矢サイダーが売れなくなるというので、とうとう中止してしまいました。

 アサヒビールの前身であった大日本麦酒株式会社の戦前のパンフを見ると、確かに「三ツ矢レモラ」が「三ツ矢サイダー」や「リボンシトロン」と共に載っていました。
c0239137_11435601.jpg

 やはり、その当時の中心は「三ツ矢サイダー」と「リボンシトロン」だったようです。
c0239137_11434867.jpg
c0239137_11434157.jpg


 前回、かつて大阪がガラス産業の中心地だったことにふれましたが…

 明治の昔、当時の農商務省が外国から技術者を入れて、東京の品川でガラス工場をつくり、職工を養成したのですが、それが芽をふき、実を結んだのは関西でした。
 明治の中葉に、島田孫市とか徳水玉吉とかいう人が品川で養成されて、大阪で工場を始めたのも、私の父がビールびん、サイダーびん、それから輸出びんをつくったのもその次くらいでしょう。そのガラスびん製造業が縁になって、私はサイダーに関係し、ビールに関係することになりました。


c0239137_09073592.jpg
    鍋井克之・画(『上方今と昔』より)


 『上方今と昔』では、次のようにも書かれています…

 大阪のアサヒビヤホールでは、コップ一杯五銭で売りました。硝子の中の処が細まった形をしたコップです。明治三十五年に今の新世界と天王寺公園の処に博覧会が開かれた時は、会場内にビヤホールを設けて、やはり一杯五銭で売りましたが、この時に初めてビールというものを味わって、それから好きになった人も多いようです。

c0239137_11433241.jpg


 大日本麦酒株式会社はアサヒ、エビス、サッポロの各ビール・メーカーが合併してできた会社で、当時の市場占有率は約7割もあったといいます…
c0239137_11432145.jpg

c0239137_11431114.jpg


 山本為三郎は「民藝運動」の支援者で、河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉、棟方志功および芹沢銈介といった作家たちの作品をはじめとするコレクションは、アサヒビール大山崎山荘美術館の中核を占めていますが、それらは山本為三郎自身が日常親しく愛用したものばかりだったようです。

 『上方今と昔』は装幀を佐野繁次郎が手がけたもので、こちらもポップでステキですね…

c0239137_11425909.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-05-28 07:00 | Comments(0)