1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
あ、並んでません… 実..
by モダン周遊 at 22:53
早起きは三文の徳…といっ..
by モダン周遊 at 22:50
こちら並ばれてたんですね..
by 雪だるま at 21:42
こちらの自由見学 行か..
by 雪だるま at 21:41
今年のイケフェスは例年に..
by モダン周遊 at 19:34
昨年教えていただき 今..
by 雪だるま at 16:11
私が行ったのはオープンの..
by モダン周遊 at 12:25
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 05:36
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

大阪の柳

c0239137_18373586.jpg


 八九間空で雨降る柳かな(芭蕉)


 八九間(けん)は約15m位で、とても大きな柳の木のことを詠んだ句のようですが、確かに晴天でも雨が降っているように見えますね…

 柳は、日本で町並木として植栽された樹木としては最も歴史のあるものの一つで、平城京や平安京には隋・唐の都であった長安を模して、柳が街路樹として盛大に植えられていたようです。

 春の日に張れる柳を取り持ちて見れば都の大路し思ほゆ(大伴家持)

 大伴家持が越中国国守として富山に赴任していた頃に、都を想って詠った歌で、"春の日に芽の膨らんだ柳を手にとってみると、都の大路が思われることだ"という意味です。

 柳の並木といえば、銀座の柳がよく知られ、また、柳は水分の多い土壌を好むため、都会の水辺や水路沿いに植えられていて、京都の白川や高瀬川沿いの柳も、桜と共に春の風物詩になっています。

 ところが意外にも、水の都といわれた大阪には柳の街路樹はとても少なくて、写真の柳は土佐堀川沿いにある貴重なものです…

c0239137_12311708.jpg


[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-30 07:30 | Comments(0)

北河内の本格的イタリアン

c0239137_15254745.jpg

 以前に取上げた「枚方 T-SITE」がある北河内は、芥川賞作家のピース又吉、あるいは角界の豪栄道や勢、そして宇良など(追記:今年からカブスに移籍した「雑草魂」の上原もいました…)の出身地でもあって、最近では大阪の文化・スポーツの中心地になっています。

 そんな北河内の交野市にあるのが、本格的なイタリアン(ヴェネツィア料理)の店「Bricola/ブリッコラ」です。
c0239137_15254210.jpg

 以前は大阪市内に店があったようですが、数年前にオーナーシェフの地元、交野市に移ってこられたとのことです。
c0239137_15253373.jpg

 オーナーシェフは本場ヴェネツィアで長く修行されたとのことで、店内にはその当時に地元の新聞に紹介された記事や絵などが飾ってありました。
c0239137_15253033.jpg


c0239137_15251174.jpg

 インテリアも料理もヴェネツィア(私は行ったことはありませんが…)そのままで、本格的イタリアンを十分に堪能できました…
c0239137_15250222.jpg


c0239137_15245571.jpg


c0239137_15244753.jpg


c0239137_15243881.jpg


c0239137_15243038.jpg


c0239137_15242223.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-27 08:00 | Comments(0)

春めく街角で…

c0239137_18440264.jpg

「梅は咲いたか 桜はまだかいな ♪」は江戸端唄の出だしの句ですが…

 天満の天神さんや中之島界隈の梅花も盛りを過ぎて、いよいよ春の到来を告げているような気がします。

c0239137_14032472.jpg

c0239137_14031916.jpg

c0239137_14031442.jpg

c0239137_14030345.jpg

c0239137_14025874.jpg

c0239137_14024871.jpg

c0239137_18434522.jpg

 神農さんの寅も、春風になびいているようです…
c0239137_14024059.jpg

 寅といえば…
 阪神タイガースの聖地、大江神社。
c0239137_19041167.jpg

 今年こそ!パッと花開いてほしいものです…
c0239137_19040438.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-24 08:00 | Comments(0)

春めく…百楽荘界隈

c0239137_10590709.jpg

 自然に恵まれた箕面の百楽荘は、綠豊かで上品な町並みの住宅地です。

c0239137_10590385.jpg

c0239137_10585285.jpg

 先ずは箕面の蕎麦通の間で定評がある近所の蕎麦屋さんに入って舌鼓…

c0239137_10584504.jpg

c0239137_11041078.jpg

c0239137_11035934.jpg

 百楽荘のある牧落地区は、もともと西国街道と箕面街道が交差する交通の要衝でした。
 そして、明治43(1910)年の箕面有馬電気軌道(現在・阪急電鉄)の開業をきっかけとして、沿線に多くの住宅地が開発されましたが、百楽荘は大正13(1924)年から分譲されました。

 当初から住宅のほか、売店、派出所、ビリヤード場、遊園地、下水などが整備されていたということですが、整然とした広い通りの両側には良く手入れされた生垣がある豪邸が並んでいて、各家の庭に咲く梅花が道行く人を和ませていました…
c0239137_11043565.jpg

c0239137_10581004.jpg

c0239137_10581678.jpg

 この地域の氏神である牧落八幡宮には、高浜虚子に師事した「ホトトギスの四S」の一人、阿波野青畝の<新緑の句碑も神慮の一つとす>の句碑がありました。
c0239137_10580229.jpg

 近くには、大正時代に建てられたモダンな洋館住宅が今も残る「桜ヶ丘洋館通り」もあるので、今度また新緑の季節に訪れようと思います…


[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-21 08:00 | Comments(0)

諏訪大明神 The Suwa Shrine

c0239137_14123809.jpg

 諏訪神社は神戸市の諏訪山にあって、仁徳天皇の時代に創祀されたと伝わる古社ですが、生田神社と長田神社の中間にあることから古くは中宮と称されたそうです。
 また、平安末期の源平合戦の折、源義経が武運を祈ったとも伝わっています。

 参道の急な坂道と階段を登って行くと、本殿と諏訪山稲荷神社などの立派な社殿が並んでいますが、更に本殿横の階段を登ると奥の院があって、たくさんの祠や石碑が並んでおり、まさに八百万の神々が鎮座するパワースポットの様相があります。
c0239137_14123167.jpg

c0239137_14122244.jpg

 眼下に海を見下ろす諏訪神社は、古代より港町として中国大陸や朝鮮半島と交流してきた国際都市・神戸の面影を今に伝えていますが、現在も神戸在住の外国人、ことに華僑の崇敬・参拝が多いのだそうです。

 ここに来ればエキゾチックでハイカラな今の神戸の姿が、歴史に裏打ちされたものであることがわかるような気がします。
c0239137_14121421.jpg

 諏訪神社横の諏訪山公園には、1874(明治7)年にフランスの天文学者が来日して、金星の観測を行った「金星台」がありますが、諏訪山公園に登る坂道のフェンスがアールデコ調のデザインになっているところが神戸らしくてお洒落です…
c0239137_14120774.jpg

c0239137_14120066.jpg


 諏訪山公園から望むモダンなポートタワーを日本画風に撮ってみました。

c0239137_14115047.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-18 08:00 | Comments(2)

エキゾチック神戸

c0239137_13571606.jpg

 神戸ポートタワーと共に神戸を象徴する風見鶏の館については以前に当ブログでも、そのインテリアの素晴らしさを取上げたことがありましたが、港を見下ろす北野天満神社から見た景色は新鮮でした。

 北野天満神社は、平清盛が福原遷都に際して新しい都の鬼門鎮護のために京都の北野天満宮を勧請して社殿を造営したという古い歴史をもっていて、「北野」の地名の由来にもなっています。

 菅原道真公ゆかりの梅林から眺める風見鶏もまた格別です…
c0239137_14114567.jpg

 神社の参道沿いの石灯籠と風見鶏の館との組み合わせもなかなかエキゾチックですね…
c0239137_13565994.jpg

 そんな風に見てゆくと、一見、洋風な佇まいの北野の街角には、どこか日本の伝統美にも通ずる趣もあって、独特のハイカラな雰囲気を醸し出しているような気がします…

c0239137_13565196.jpg


c0239137_13564442.jpg


c0239137_13563605.jpg


c0239137_13562992.jpg

 北野オランダ坂にて…
c0239137_13562192.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-16 10:30 | Comments(0)

神戸ポートタワー

◆港みはらし台
c0239137_14445817.jpg

 神戸ポートタワーは、1963年に建設された世界初のパイプ構造の建造物で、和楽器の鼓を長くしたような双曲面構造の優美な外観から「鉄塔の美女」と呼ばれ、港町神戸のランドマークタワーになっていますが、優れたモダン建築として数々の建築賞を受賞しており、国の登録有形文化財にも登録されています。

 展望室からは港と市街地六甲山系の大パノラマが望め、夜には1千万ドルの夜景が眼下に広がるポートタワーは、できた当時には神戸の街のどこからでも見えると言われていたのですが、高層建築が建ち並ぶ現在では、その姿を望める場所は山手の高台に限られるようです…

◆諏訪山公園
c0239137_14445459.jpg

◆諏訪神社
c0239137_14442920.jpg

◆花隈公園
c0239137_14442402.jpg

◆北野オランダ坂
c0239137_14441751.jpg

 もともとは、1965年の雑誌『旅』にあった北野異人館街から望むポートタワーの写真を見たのが発端で、異人館の間から望むいい雰囲気のポートタワーの写真が撮れるだろうと思ってやって来たのですが、残念ながら高いビルの陰になってしまうことがほとんどで、港を見下ろす高台の異人館街でも、ポートタワーが見える場所は意外に少ないことが分かりました…

◆北野天満神社
c0239137_14441089.jpg
 風見鶏の館の裏手にある北野天満神社の梅林から望むポートタワー。手前にある鉄塔が邪魔ですね…

 北野天満神社の境内からは風見鶏の館の横に見えます。
c0239137_14440614.jpg

【参考】
 1965年の雑誌『旅』の写真。
 北野異人館街から望むポートタワー。
c0239137_14440193.jpeg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-14 00:05 | Comments(2)

二条通界隈

c0239137_08483682.jpg

 京都には古い町並みが残る中に、前回の「顔の家」のようにユニークな建物や洋風な建物などもいろいろとあって楽しめるわけですが、この正義の女神「ユースティティア」の像があるのは、法律事務所の建物です。

 現在、大阪で展覧会が開催中のクラーナハの作品にも、正義の女神がありましたね…
c0239137_08524193.jpg

 隣は古い町家ですが、和と洋がうまく混在しているというのも、京都の町の特徴といえるかもしれません…
c0239137_08482129.jpg

 以前に取上げた、モダンな京都国際マンガミュージアム(旧・龍池小学校)も二条通界隈にあります。
c0239137_08481578.jpg

 古い町家を活かしたお洒落な店もよく見かけます。
c0239137_08480507.jpg

c0239137_08475769.jpg

 軒先なども、さりげなく華やかなような気がします…
c0239137_08475052.jpg

c0239137_08474412.jpg

c0239137_08473353.jpg

c0239137_08472603.jpg

c0239137_08471448.jpg

 烏丸通を過ぎて、ブラブラ歩いているうちに寺町通辺りまで来てしまいました。
c0239137_08470697.jpg

 かつて梶井基次郎『檸檬』に出てくる果物屋さんがあった角を北へ曲ると、すぐの所に藤原定家の京極邸跡の石柱がありました。
 さすがに歴史の町、京都ですね…
c0239137_08465969.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-11 11:00 | Comments(2)

「顔の家」

c0239137_08373794.jpg

 二条通界隈でレトロな町並みを散策していた時、偶然に出会って…
 「お前、ここにおったんか!」と思わず声をかけそうになりました。

 そういえば、バブルの頃、ポストモダン云々と言われていた時に、その代表例として、よく引き合いに出されていたように思います。

c0239137_08373107.jpg

c0239137_08372499.jpg

 かなりのインパクトですが、現在もワークショップやギャラリーを備えた雑貨店になっています。

c0239137_08371581.jpg

設計: 山下和正/山下和正建築研究所
竣工: 1974(昭和49)年

c0239137_11070847.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-09 08:00 | Comments(2)

二条通をゆく

c0239137_08160915.jpg

 約四百年にわたって干菓子を専門に手掛ける菓子司「亀屋伊織」の他、二条通には古くからの和菓子屋さんがとても多くあります。

c0239137_08160233.jpg

c0239137_08155504.jpg

c0239137_08154938.jpg

 江戸時代には江戸幕府公認の薬種街であり、今も薬屋さんが数軒残っていて、薬の神様を祀っています。
c0239137_08154110.jpg

 二条通は、二条城から東へ白川通まで続いていて、鴨川を越えて東へ行くと、ロームシアター京都や美術館、動物園などの文化施設が並ぶ岡崎に出ますが、今回は和菓子屋さんなどの古い町並みが残る、西側の烏丸通辺りまでを中心に歩いてみました。

c0239137_08153668.jpg

 三条や四条、あるいは五条通に比べると、道幅も狭くて、地味なイメージのある二条通ですが、平安時代には二条大路と呼ばれており、平安京大内裏の南を東西に走る、朱雀大路に次ぐ広い通りであったようです。
 但し、所々にあるレトロな看板や建物を見ながら散策するには、現在の道幅がちょうど良いように思います…

c0239137_08152990.jpg

c0239137_08152157.jpg

c0239137_08151460.jpg

c0239137_08150770.jpg

c0239137_08142638.jpg

 「二条駿河屋」で「松露」を買いましたが、箱の中に季節の干菓子も添えてくれました。
c0239137_17421288.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2017-03-07 11:10 | Comments(2)