1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
確かに…阪急ビルにしても..
by モダン周遊 at 07:32
梅田周辺の再開発 急速..
by 雪だるま at 05:47
八尾は、 現在の大阪文..
by モダン周遊 at 22:30
八尾といえば 雪だるま..
by 雪だるま at 05:56
今は、政財界での交流はゴ..
by モダン周遊 at 11:35
こちらの本館 元は新田..
by 雪だるま at 09:14
私の時は、 ボランティ..
by モダン周遊 at 07:16
吹田にあるこちら 見学..
by 雪だるま at 06:10
盆踊りなので夜が本番なん..
by モダン周遊 at 21:00
雪だるまも この盆踊り..
by 雪だるま at 05:54
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「神戸みなとの祭り」 宇崎純一

◇第4回 神戸みなとの祭り 【1936(昭和11)年】絵葉書
c0239137_13391859.jpg

 「神戸みなとの祭り」は1933(昭和8)年より開催されており、前回とりあげた小磯良平作のポスターがよく知られているが、上図の絵葉書は宇崎純一(うざき すみかず、1889 - 1954)のものである。
 これは「大阪の夢二」と呼ばれた純一の典型的な画風ではないが、例えば市章山の表現など、下手をすれば陳腐になるところを、さらっと上手く描いており、また全体的にも洒落た味をだしていて、当時の人気と実力の程がうかがえる。

 宇崎純一については、2010年に大阪市立中之島図書館で展覧会が開催された時には、私はあまり関心はなかったのだが、その後、この絵葉書を手に入れてからは興味をもつようになり、先日も、堺市立文化館で開催されている「大阪の夢二 宇崎スミカズと華やかな大阪出版文化」展に行ってきたのだった。

 パンフレットの案内文の中で<純一は当時道頓堀にあったカフェ「パノン」や弟祥二の経営する「波屋書房」を通じて、文士や画家、俳優、若き文学青年たちとの交流があり、大阪の出版文化の一翼を担っていたのは確かです。>とあるように、藤沢桓夫の同人雑誌『辻馬車』を出版したのは「波屋書房」であった。
 宇崎純一については、藤沢桓夫も『大阪自叙伝』のなかでもふれているが、談話としてまとめられた『回想の大阪文学』では次のように語っている。

 <宇崎純一さんは絵かきさんでね、丸の中にカタカナでスという署名でした。いわゆる子どもの自由画みたいなちょっとしたペン画をかいていました。純一絵手本みたいなもの、これはずいぶん売れたんですよ。それから高島屋とか商業的な雑誌なんかに広告が載るでしょう。それにちょっとした絵をかいたりね。何かいわゆる大阪のイメージを自分でまとっておられたのじゃないかと思うんですね。この人が店の仕事をしているのを一度も見たことがないですよ。そしていつでも松竹座の向かいにあったライオンという喫茶店で、昼間、商家の旦那衆でいて、やっぱり芸術家であるような人や、ちょっと歌舞伎の脚本を書く人なんかが集まっているその中で、のらりくらりしているんですよ。それで弟はバイオリンを弾いているわけでしょ。それこそ芸術生活をしている人だったのと違うかな。>

 また会場に展示されていた「パノン」(キャバレー・ヅ・パノン)での仮装会での写真には、純一とともに、画家の住田良三、足立源一郎、赤松麟作、松田種次や歌人の段谷秋比登などが奇抜な仮装で写っており、当時の大阪には華やかな文化交流があったことがうかがい知れる。
[PR]
# by suzu02tadao | 2012-08-12 18:25 | Comments(0)

「大阪商船」 高千穂丸

◇雑誌『海』第38号【1934(昭和9)年4月発行】表紙
c0239137_13163016.jpg

 前回もとりあげた大阪商船のPR雑誌『海』第38号では、この年(1934年)の2月に処女航海を行った「高千穂丸」を特集している。
 表紙の絵は、この処女航海に同行して台湾まで乗船した小磯良平(1903 - 1988)のものである。

 特集記事「処女航海 -高千穂丸に試乗して-」の中では、小磯良平と共に乗船した田村孝之介の絵もカットとして使用されている。
c0239137_1321884.jpg

c0239137_13214289.jpg

 また「高千穂丸処女航海を記念して」では下記のように記されている。
 <平和と繁栄の使徒として、内地台湾を結ぶ新造船高千穂丸。神戸港頭昭和九年二月十日、如月の空は碧瑠璃色に澄み渡り、六甲の残雪が白銀に輝く。此の日正午、彼女は檣頭高く社旗を翻し歓呼渦巻く埠頭を後に、晴れの処女航海へ出航したのである。>
c0239137_13241534.jpg

 高千穂丸は台湾航路の貨客船で、一時期は徴用船として使用されたこともあったが、戦時中も神戸・基隆航路で就航し続けた。
 しかし、1943年3月19日朝、高千穂丸は基隆沖で、アメリカ海軍潜水艦キングフィッシュ からの攻撃を受け、魚雷が命中して沈没した。
c0239137_13343172.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-08-09 13:40 | Comments(0)

「大阪商船」 大久保一郎

◇雑誌『海』第20号【1929(昭和4)年8月発行】広告より
c0239137_1195191.jpg

 関西のデザイン界を戦前戦後を通じて牽引した今竹七郎は、『日本デザイン小史』の中で、戦前の大阪デザイン界を次のように語っている。
 <その当時、社会的地位は別として、大阪には神戸で見られない華やかな図案家の存在があった。そのトップは、松竹座美術部の山田伸吉であった。全国に行きわたった映画広告独特のレタリングは、そのオリジナルが彼の創案によるものであった(※注)。アール・ヌーボーとセセッションのミックス字体を古い年代の人なら誰でも知っているだろう。彼の名声は大したものだったが、純粋美術でも春陽会の入選者という事実が、彼の人気をいっそう確実なものにしていたようである。また大阪商船に大久保一郎という著名な存在もあった。主要な仕事はポスターに見られたが、船を描かせば日本一というほまれの高い彼ではあったが、春陽会に油絵が入選すると、大臣にでもなったようにマスコミが騒ぎ立てたものである。~>
(※注:実際は山田伸吉の創案ではないが、むしろ「キネマ文字」として洗練・普及させたところに意味があるといってよい。)

 以前からよく取りあげている山田伸吉が松竹座の顔となるデザイナーであったとすれば、大阪商船の顔は大久保一郎であった。
 大久保一郎(1889-1976)は大阪商船(株)の嘱託画家として、PR雑誌『海』をはじめポスターやパンフレットを数多く手がけており、用途に応じて多種多彩な表現をしている。

◇雑誌『海』第20号【1929(昭和4)年8月発行】表紙
c0239137_92424.jpg

◇雑誌『海』第20号【1929(昭和4)年8月発行】カットより
c0239137_923431.jpg

◇ポスター・スタンプ各種
c0239137_1116443.jpg

◇パンフレット「南洋航路案内」【1929(昭和4)年】
c0239137_1119404.jpg

◇パンフレット「第二回 支那・日本 周遊の船旅」
c0239137_961629.jpg

 下図のパンフレットは昭和10年のものだが、春陽会に油絵が入選した後のものと思われ、【I.OHKUBO】サインが入っている。
c0239137_935878.jpg

 尚、大阪商船の貨物船や客船は、第二次世界大戦勃発と並行して、ことごとく戦時徴用され、その多くが被災した。大久保一郎はそういった徴用船の最後を伝える絵画も描いている。
[PR]
# by suzu02tadao | 2012-08-07 11:30 | Comments(0)

「暴れ出した孫悟空」

◇映画チラシ:1939(昭和14)年
c0239137_114413.jpg

 上図は2色刷りのチラシで、今のオフセット印刷と同じ手法の平版で刷られているのだが、むしろ同じ手法のリトグラフに近いものである。
 左右の緑色と赤色のインクは印刷の際に職人の手によってローラーで盛られたものであり、また、文字は全て手書(描)きのものとなっている。

 イラストの部分を拡大してみると、そこに「ベタ」という指示書きがそのままになっていて、これは映画の配給会社から、ポスターやパンフレット用に支給されたイラストの版下を使用しているのだが、「ベタ」にせず…、すなわち塗りつぶさずに製版したところに、このチラシを制作した印刷所のデザイナー(図案家)のセンスが伺える。
c0239137_115455.jpg

 こういったチラシのようなものは、コストがかけられず、また数多くの量をこなす必要があったため、制作に手間がかけられなかった。
 この当時は、広告や印刷にかかわる図案家などの社会的地位は低かったが、現場の図案家のセンスと職人の高い技術に支えられていた部分が多かったといえる。

 私はこのチラシのようなものを見ると、その昔、幕末頃に日本ではその価値を認められなかった浮世絵が、緩衝材として海外に流出したことにより、当時のゴッホやマネなどの芸術家に多大な影響を与え、また海外のコレクターの眼にとまり高い評価を得たことを思い出し、額装でもしてみようかと思ってしまう。

 ところで、この映画「暴れ出した孫悟空」の主役は当時大人気の「ちゃんばら映画」のスター、羅門光三郎で、共演者の中には伴淳三郎などなつかしい名前もあるが、なんと!当時、18か19歳の森光子さんが出演しており、既にこの頃から活躍していたことがわかる。
 森光子さんは今もご健在のようである…。

 暑さ厳しき折、健康にはくれぐれもお気をつけください。
 暑中お見舞い申し上げます。
c0239137_11101557.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-08-04 11:15 | Comments(0)

『広告界』

◇『広告界』第12巻9号【1935(昭和10)年9月1日発行】
c0239137_11454861.jpg

 先日、図書館から『近代広告の誕生』(竹内幸絵著)を借りて読んでいたら、私の所有する雑誌『広告界』(上図)からの引用があったので、改めて読みなおしてみた。
 ところで、どうも『近代広告の誕生』の著者と私とでは価値観が異なるようで、私は、この著者が云うように、東京オリンピック(1964年)のポスターによって戦時イメージから完全に解放されたとは思えない。
 このポスターの作者のGマークのデザインについて、柏木博氏がナチス・ドイツのハーケンクロイツを思わせると評したように、何か背景に全体主義的な国家意識が感じられるように思えてならない。まあ、当時の敗戦から急速な復活を遂げた日本が、このオリンピック大会以降、再び国際社会に復帰し、その後の高度成長につなげたという意味ではシンボル的な表現ではあると思うのだが…。
 現在開催中のオリンピックが、今のように明るく楽しいスポーツの祭典になったのは、日本においては、もう少し後になってからだと思う。
 また横尾忠則や黒田征太郎などの、このデザイナーに反発した作家を私が好むからなのかもしれないのだが…。

 また、<今さら「美人画ポスター」でもあるまい。>というのも違うような気がする。
 『近代広告の誕生』の中で、この『広告界』の「商業美術座談会」を引用して、関東=「レイアウト」、関西=「写実」というような流れで論じているが、実際は下記の通りの結論で終わっている。
 ここで多田は当時の広告業界及び印刷業界から最も信頼のおけるデザイナーとして評されていた多田北烏であり、河田はカワタレイアウト工房を主宰するレイアウト派を代表する河田榮の意見であることを考えると、既に当時から「美人画ポスター」に対する一定の見識があったことが理解できる。

多田 私はポスターを依頼された場合はその全目的を探求してみる。
さうして掲示場の問題、それから主として対象となるべき被広告者の階級などをよく極めるとハッキリしてくる。訴える階級によって図様が違ふ訳ですからね。例へばこの広告の狙ふ階級は美人に特に興味をもつ相手があるかどうかといふことなどを考へて製作します。
 河田 総ての目的を考へると、やはり美人画より外はないと思ひます。一般生活に合目的性と言ふと、先づ美人の嫌ひな人はないと思ふ。ですから、美人画のポスターは平凡とか何とかで無闇に排斥すべきでなく、又目的によっては無闇に賛成すべきものではないと思ひます。
 多田 その美人を相手に印象せしむる方法如何ですね。写実的な美人もあり、単化された範囲に於ての美人もありませう。>


 それよりも、私がこの『広告界』で注目したのは下図の広告図案資料である。

◇マッチ図案・早川四志緒(案)
c0239137_11573223.jpg

 作者は早川四志緒とあるが、これは、どう見ても、後の早川良雄(1917 - 2009)の作品に間違いないと思うのだが…。
 しかしながら、そうだとすると、この当時、早川はまだ18才で大阪市立工芸学校の学生だったはずである。
 「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」なのだろうか…?

 他にはグリコの広告で有名な岸本水府の「川柳と広告」。
広告には穿(うが)ちと軽味とユーモアが必要と言っています。
なお、「穿ち」とは「人情の機微などを巧みにとらえること」です。念のため…。
c0239137_121842.jpg

【参考】当時の新聞のグリコ「豆文広告」。これなど、ある意味では現代より進んでいるとは思いませんか…?。
c0239137_1215874.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-08-01 12:10 | Comments(3)