1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうですね… 黄葉..
by モダン周遊 at 10:40
こちらの重厚さも良いです..
by 雪だるま at 06:00
普段の屋上テラスは、 ..
by モダン周遊 at 16:03
芝川ビル 雪だるまもこ..
by 雪だるま at 05:53
それほど見栄えのするもの..
by モダン周遊 at 12:46
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 22:45
内部はイケフェスの時に撮..
by モダン周遊 at 06:49
こちら 外観は何度も撮..
by 雪だるま at 05:46
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ミス・ニッポンの歌」 斎藤佳三

◇楽譜「ミス・ニッポンの歌」表紙:1930(昭和5)年
c0239137_15505795.jpg

 上図の装丁は斎藤佳三(さいとう かぞう、1887-1955)が手がけたもので、当時の「エログロナンセンス」の世相をよく表している。
 もともと音楽家を志して東京音楽学校に入学し、後に東京美術学校図案科に再入学するという経歴を持つ斎藤佳三は山田耕筰や三木露風、西條八十などとも親交があった。
 また「総合芸術」という視野を持って、 “生活芸術” に取り組んでおり、自らも歌謡曲の作詞・作曲活動をすると共に楽譜の装丁デザインも数多く手がけている。
 「ミス・ニッポンの歌」は群司次郎正(ぐんじ じろうまさ、1905-1973)の小説『ミス・ニッポン』を映画化した同名の日活映画の主題歌となったもので、作詞は西條八十である。

 さくら吹雪に 振袖すがた
 泣いた昨日の ニッポン・ムスメ
 長い黒髪 さらりと切って
 高い踵で タンゴを踊る。

 踊り踊れば 世界も踊る
 東ゃアメリカ 金貨の月よ
 北はロシアよ 真赤な雲よ
 光る 流れる 渦まく ゆれる。

 なにをくよくよ ニッポン・ムスメ
 花の唇 笑って踊れ
 山はフジヤマ 白雪踏んで
 世界覚ますよな ソレ ひとおどり。


 西條八十が手がけた歌謡曲の歌詞には、「モダン・ガール」など当時の新しい風俗や世相がよく表わされており、特に <東ゃアメリカ 金貨の月よ  北はロシアよ 真赤な雲よ>とあるように、今日の流行歌よりも政治的な内容が含まれている場合が多い。

 ところで、小説『ミス・ニッポン』それに続く『マダム・ニッポン』『ミスター・ニッポン』の三部作、そして『侍ニッポン』は群司次郎正の代表作で、『モダン都市東京』(海野弘著)の中で『ミスター・ニッポン』については、
 <これは非常に面白い小説であり、一九二〇年代の都市小説として、今後再評価されるべき作品であると思う。>と書かれている。


 尚、斎藤佳三については下記を参照のこと。

◇『斎藤佳三 ドイツ表現主義建築・夢の交錯【INAX album (4)】』
  (INAX出版 1992年)
c0239137_1614138.jpg

◇芸大コレクション展「斎藤佳三の軌跡」:2006年11月4日~12月17日
【参考】「斎藤佳三の軌跡」
c0239137_16163883.jpg

【斎藤佳三 略歴】
1887(明20) 秋田県に生まれる
1905(明38) 東京音楽学校師範科入学
1907(明40) 東京美術学校図案科入学
1908(明41) 「ふるさとの」(三木露風作詞)作曲
1912(大元) ベルリンへ渡航、山田耕筰と共に生活
1914(大4) 帰国、ドイツ・シュトゥルム分社主催「DER STURM」展を開催
1917(大6) 日本意匠協会設立
1919(大8) 東京美術学校にて非常勤講師(以後15年間)
1920(大9) 松竹キネマ創業と同時に美術部長
1923(大12) 農商務省嘱託、東京美術学校委託により渡航
         ワイマールにてバウハウスを訪れる
1927(昭2) 第8回帝展第4部に「想ひを助くる部屋」出品、落選で論争を呼ぶ
1928(昭3) 第9回帝展第4部に「食後のお茶の部屋」出品、入選
(以降「寛ぎの食堂」「日本間の寝町」「ピアノを主として」3回入選)
1930(昭5) 1930年代に活発な歌謡曲作曲活動
1931(昭6) 新舞踊家連盟発足、石井漠、松永工と共に常務理事
1939(昭14) 商工省嘱託。輸出工芸図案展覧会審査員
         国民服のデザイン、『国民服の考案』発行
1955(昭30) 東京都世田谷区の自宅で歿、葬儀委員長は山田耕筰

c0239137_1626490.jpg

 これからしばらくは、斎藤佳三が装丁デザインした楽譜を中心に1930年頃の日本にタイムスリップしてみたい…。
[PR]
# by suzu02tadao | 2012-09-18 16:30 | Comments(1)

ヴォーリズと近江八幡 <5>

◇近江八幡の町並み
c0239137_1018456.jpg

 元々、近江八幡は商人の町として栄えた所で、整然とした町並みが旧市街地に残されていて、かつての近江商人本宅の家々が立ち並び、往時の繁栄を偲ばせている。
 観光地にもなっている新町通りや八幡堀などの保存地区はもちろんのこと、市街のいたる所で趣のある佇まいを見せている。
c0239137_10201666.jpg

c0239137_10232286.jpg
c0239137_10241361.jpg
c0239137_10355091.jpg
c0239137_10362852.jpg
c0239137_10374913.jpg

c0239137_10383889.jpg
c0239137_1039664.jpg
c0239137_1043142.jpg

c0239137_10404898.jpg
c0239137_10411968.jpg
c0239137_1044138.jpg

c0239137_1045263.jpg
c0239137_10462628.jpg

 近江八幡を本拠地として、1600件にものぼる建物の設計を行ったヴォーリズは、このような日本の伝統的な美しい町並みや佇まいの中から、多くの事を学んだのではないかと思われる。
c0239137_1047339.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-09-15 10:50 | Comments(0)

ヴォーリズと近江八幡 <4>

◇池田町洋風住宅街
c0239137_14181537.jpg

 池田町洋風住宅街は、大正時代にヴォーリズがアメリカ式住宅のモデルハウスとして建てたもので、旧近江ミッション・ダブルハウス(1921年築)、旧ウォーターハウス邸(1913年築)、旧吉田悦蔵邸(1913年築)からなる。
c0239137_14184621.jpg

c0239137_14191431.jpg

c0239137_14194145.jpg
c0239137_1420339.jpg
c0239137_14213836.jpg

c0239137_14221454.jpg

c0239137_14223733.jpg

c0239137_1423826.jpg

◇村岡氏邸(旧岩瀬医院) 1933(昭和8)年
c0239137_1424056.jpg

c0239137_14245312.jpg
c0239137_14244424.jpg

◇アンドリュース記念館(旧近江八幡YMCA会館) 1935(昭和10)年
c0239137_14282916.jpg

c0239137_14283150.jpg

c0239137_14302365.jpg

◇近江八幡教会:牧師館(元近江兄弟社地塩寮) 昭和初期
c0239137_14322267.jpg

c0239137_14325667.jpg

c0239137_143312100.jpg

◇近江八幡市立資料館 1886年築
  1953(昭和28)年、ヴォーリズ建築事務所が改修
c0239137_14341567.jpg

c0239137_1435518.jpg
c0239137_1435113.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-09-14 14:30 | Comments(0)

ヴォーリズと近江八幡 <3>

◇ヴォーリズ記念館(旧ヴォーリズ氏邸) 1932(昭和7)年
c0239137_11311478.jpg

 ヴォーリズ記念館はヴォーリズ夫妻が後半生を過ごした自宅を公開したもので、内部には遺品や資料も展示されている。
 ※内部見学は要予約。内部は撮影禁止。
【参考】ヴォーリズ記念館
c0239137_1132148.jpg

c0239137_11345680.jpg
c0239137_11354199.jpg

◇近江兄弟社学園(教育会館/ハイド記念館) 1931(昭和6)年
c0239137_11384514.jpg

c0239137_11411944.jpg

 以前、ヴォーリズの設計した建物はどれも、その用途にふさわしい「佇まい(たたずまい)」を見せていると書いたが、建物のみならず門柱と塀あるいは庭などがそれぞれに調和して独特な雰囲気をかもし出している。
c0239137_11435797.jpg

c0239137_11492219.jpg

c0239137_1146328.jpg

c0239137_11473391.jpg

【参考】竣工当時の「教育会館/ハイド記念館」とヴォーリズ氏邸(左)
c0239137_1151913.jpg

【参考】近江ミッション一覧図:昭和6年現在 (部分)より
c0239137_11531093.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-09-12 12:00 | Comments(0)

ヴォーリズと近江八幡 <2>

◇ヴォーリズ記念病院:ツッカーハウス 1918(大正7)年
c0239137_10225593.jpg

 結核患者の療養などを目的として開院した近江療養院の本館として、米国人ツッカー女史の寄付によって建設された建物。
c0239137_10245220.jpg

c0239137_10252425.jpg

c0239137_10254792.jpg

 「将来復元可能な状態で解体」する事が決定しているそうで、現在は保留状態ということらしいが、老朽化が激しく、完全に廃屋状態になっている。
c0239137_10262751.jpg


◇ヴォーリズ記念病院:礼拝堂 1937(昭和12)年
c0239137_1029219.jpg

 ツッカーハウスの裏側の更に高い場所に、ひっそりとたたずむ礼拝堂である。
c0239137_10295514.jpg

c0239137_10351411.jpg
c0239137_10354225.jpg
c0239137_10361027.jpg
c0239137_1033372.jpg


◇ヴォーリズ記念病院:希望館 1918(大正7)年
c0239137_10374740.jpg

 礼拝堂の西側の奥にある結核患者の療養施設で、五つの個室が真ん中の共有スペースを囲むように配置されており、各室の採光及びコミュニケーションとプライバシーの両立を考慮した設計になっている。
 この建物も廃屋状態である。
c0239137_10393395.jpg

c0239137_10405575.jpg
c0239137_1042524.jpg
c0239137_10423793.jpg

 ヴォーリズ記念病院(旧近江療養院)は近江八幡の町から約1キロ離れた北之庄にあり、素朴な建築でありながら、周囲の自然環境と共生する療養施設としての在り方に注目すべき特色をもったもので、ヴォーリズ建築の初期からの設計思想をよく表している。
[PR]
# by suzu02tadao | 2012-09-09 10:46 | Comments(0)