1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
古本まつりは16日までや..
by モダン周遊 at 07:17
下鴨の古本祭り こんな..
by 雪だるま at 05:53
ここは、たくさん見どころ..
by モダン周遊 at 10:53
最後の写真の場所 雪だ..
by 雪だるま at 05:53
そうですね… ここは、..
by モダン周遊 at 12:07
こちらは 京都芸術セン..
by 雪だるま at 05:41
以前から撮影しようと思っ..
by モダン周遊 at 11:05
この写真を見せられると ..
by 雪だるま at 05:31
脱藩していた龍馬も、 ..
by モダン周遊 at 12:56
京都市中で レトロな建..
by 雪だるま at 05:53
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「中山太陽堂の大正時代」展

c0239137_9595682.jpg

 大正100年にちなみ、大正モダニズムの世界を、化粧品・文具・雑誌などを中心に紹介。 主な展示史料は、大正期の中山太陽堂製品及びポスター等・プラトン文具(インキ・万年筆、シャープペンシル等)及びポスター等・雑誌(プラトン社発行『女性』『苦楽』等)。
 当然、展示史料はガラスケース等の中に展示されていたが、 なんと、雑誌『女性』の創刊号【1922(大正11)年5月発行】だけは、手にとって見れたので(最初は復刻版?かと思った…)、じっくりと内容を確認することができたのはうれしかった。

c0239137_1031099.jpg

 近くには「大阪府立江之子島文化芸術創造センター」が、4月1日よりオープンしています。
c0239137_102395.jpg

住所:大阪市西区江之子島2丁目1番34号
大阪市営地下鉄「阿波座駅」8番出口から西へ約150m
 www.enokojima-art.jp
[PR]
# by suzu02tadao | 2012-04-14 09:45 | Comments(1)

其角俳句と江戸の春

◇「東京文学散歩(下町篇)」【隅田川】(1955年)角川写真文庫より
c0239137_16242076.jpg

 日本の1920年代を探訪する『モダン都市東京』(海野弘著)は、「向島」を起点として始まる。
 <私は堤防の上のベンチに坐って夜の運河をしばらく眺めていた。私は隅田川の左岸にいた。背後に三囲神社があり、右手には白鬚橋、左手に言問橋、対岸には台東体育館とプール、そして山谷堀の水口があった。ここから見ると、隅田川は自然の川というよりは、人工のプールのようだ。~>
 以前、東京にいた時、『モダン都市東京』の冒頭の場所を訪ねてみた事があった。
 その時に目印にしたのが三囲(みめぐり)神社だったのだが、ここで私が出会ったのが宝井其角であった。
 三囲神社の境内には其角の大きな句碑がある。
  夕立や田をみめぐりの神ならば
c0239137_16342974.jpg

この句碑の傍らには説明板があり、次のように書かれている。
<宝井其角(たからいきかく)「ゆふたちや」の句碑(雨乞の碑)
 元禄六年(1693)は大変な干ばつで、秋の収穫を心配して困りきった小梅村の人々は三囲神社に集まり、鉦や太鼓を打ち雨乞いをしていました。ちょうど、三囲神社に詣でた俳人其角が、このありさまをみて、能因法師などの雨乞の故事にならい「遊ふた地や田の見めぐりの神ならば」と詠んだのです。この話は其角自選句集の『五元集』にも「うたえば翌日雨降る」と記されているように、早速効果があったと伝えられています。~>

◇三囲神社の墨堤に向った入口の鳥居
 「東京文学散歩(下町篇)」【隅田川】(1955年)角川写真文庫より
c0239137_1632113.jpg

◇現在の三囲神社の鳥居
c0239137_16324883.jpg

 宝井其角は松尾芭蕉の弟子で、師の芭蕉に「門人に其角、嵐雪あり」(『桃の実』)といわしめる蕉門十哲の筆頭の俳人である。しかしながら、その作品は、ワビ、サビの世界、芭蕉の閑寂枯淡の境地とはかなりかけ離れており、また遊里を愛し、永年の飲酒が祟ってか47歳の若さで亡くなっている。

  鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春
  闇の夜は吉原ばかり月夜かな
  夕すゞみよくぞ男に生れけり
  我が雪と思へばかろし笠の上


 其角は自然風土よりも市井の人事を詠み、人情の機微を詠んでいる。そのために、去来や凡兆などの蕉門後期の門弟たちには疎まれる傾向があったようだ。

 最近では其角俳句はほとんど忘れ去られており、其角に関する著書は少ないが、『昭和史』で著名な半藤一利さんが『其角俳句と江戸の春』(2006年刊)を著している。尚、この本の中でもふれているが、永井荷風は其角をとても評価していたようで、『断腸亭日乗』の昭和3(1928)年2月13日の項で次のように記している。
 <晋子其角は年わづかに四十七にて歿したり。されど短命の生涯に二度まで京都に遊び、其名を永く後世に伝へたり。人この世に生るゝや寿は天命なり。才名を世に伝ふることを得ば短命敢て悲しむに当らざるべし。悲しむべきは才つたなくして学の浅きことなり、余早くも五旬に達して碌々として為すこともなし、たまたま物書かむと思へど常に病苦の妨ぐる所となる、歎くも悔るも五十の声を聞きては既に及ばぬことなり。~> 
c0239137_16482575.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-04-10 16:40 | Comments(0)

春爛漫 ~ 古書市 ~ 濹東綺譚

c0239137_1483682.jpg

c0239137_1531760.jpg

◇「ツイン21古本フェア」会場より大阪城を臨む
c0239137_1494135.jpg

 この土日に「天神橋三丁目プチ古書即売会」と「ツイン21古本フェア」 に行ってきた。
 天神橋の古書市で昭和14年発行の「大東京区分地図」を購入したが、ちょうど桜が見ごろだったので、花見をしながら地図を眺めていると、今、東京スカイツリーのある向島の隅田川沿いが昔から桜の名所だったことを思い出した。
 向島は現在は墨田区だが、戦前の東京は現在のように23区ではなく35区であって、昭和14年当時には、スカイツリーのある辺りから両国にかけては本所区となっており、また「濹東綺譚」の舞台となった玉の井の辺りは向島区であった。
 「大東京区分地図」と比べてみると、「濹東綺譚」の挿し絵の地図は、結構正確であることが分かる。

◇昭和14年「大東京区分地図」より
c0239137_14113025.jpg

◇「濹東綺譚」挿し絵より
c0239137_14115561.jpg

◇永井荷風が玉の井通いして秘かに描いた地図
c0239137_14122362.jpg

◇戦火をまぬがれて残った「ぬけられます」
 「東京文学散歩(下町篇)」【墨東】(1955年)角川写真文庫より
 ※「ツイン21古本フェア」 にて購入。
c0239137_14141444.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-04-09 14:20 | Comments(0)

情景

c0239137_1154082.jpg

c0239137_11543215.jpg

c0239137_11545255.jpg

c0239137_11553569.jpg

c0239137_11555910.jpg

c0239137_11562034.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2012-04-05 11:58 | Comments(0)

東洋劇場(後の大劇 ビル)

c0239137_843595.jpg

1933(昭和8)年8月30日、大阪・千日前に竣工。9月より映画館として営業を開始。
1934(昭和9)年4月に大阪劇場(大劇)と改称し、8月1日より大阪松竹少女歌劇団(OSSK)の本拠地として、映画とレビューの二本立て興行を行うようになり、「春のおどり」も翌年3月からは、それまでの松竹座(道頓堀)から大劇で公演されるようになった。

◇休憩室【左】、観客席(大衆席)【右】
c0239137_844556.jpg

◇和洋大食堂の一部【左】、喫茶室の一部【右】
c0239137_8451155.jpg

大地階 スポーツヤード (入場無料)
場内は大公園を作り、お子様方の御遊び場所として安全なる汽車、自動車あり、一日を永く愉快に郊外に遊ぶの心地 ‼ 真の楽天地は此処 ‼ 別天地!

c0239137_8495188.jpg

 当初、子供向けの遊戯施設だった地下一階は、1950(昭和25)年にはアルバイトサロン(現在のキャバクラ)の嚆矢となる飲食店になり、独特のキャッチコピーが新聞に掲載された。支配人を務めた磯田敏夫は織田作之助門人の文士でもあり、自らの経験が元になった映画「ネオン太平記」(1968年日活)ではロケにも使用された。

 1967(昭和42)年、不採算物件であった大劇の劇場部分は複合ビルに改装されて、既に営業していた地下のアルバイトサロンと上階の映画館(大劇シネマ)を含んだ一大娯楽施設に転換した。ジャズ喫茶「やかた」、ボウリング場「大劇ドリームボウル」、ダンスホール(後のディスコ、現在のクラブに相当)「大劇ダンス天国」などが設置され、一階は飲食店数店(百番・千房など)の他千日デパート火災で移転を余儀なくされた一部名店街が入店し、館内はさながら複雑な迷路状態となっていた。

 「モダン・シティふたたび」海野弘著(1987年刊)の中で、大劇ビルは「千日前ラビリンス」として紹介されている。
 <~東洋劇場は今の大劇ビルである。一九三三年に八木工務店の設計でつくられた東洋劇場は西日本一の洋画劇場といわれたほどの映画宮殿であった。今日、ゲームセンターやキャバレーなどが入り、派手な看板におおわれて、裏の路地からでないと建物が見えない。
 私は横の方から階段を上ってみた。手すりなどに昔がしのばれる。どんどん上っていって、上の階で、ドアを開けると、自衛官の募集所であった。私は千日前で都市の迷路に迷いこんでしまった。>


 そして、1991(平成3)年に老朽化のため取り壊され、跡地には1996(平成8)年に「なんばオリエンタルホテル」が開業した。
[PR]
# by suzu02tadao | 2012-04-02 08:50 | Comments(0)