1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
最新のコメント
そうですね… 黄葉..
by モダン周遊 at 10:40
こちらの重厚さも良いです..
by 雪だるま at 06:00
普段の屋上テラスは、 ..
by モダン周遊 at 16:03
芝川ビル 雪だるまもこ..
by 雪だるま at 05:53
それほど見栄えのするもの..
by モダン周遊 at 12:46
これは知りませんでした ..
by 雪だるま at 22:45
内部はイケフェスの時に撮..
by モダン周遊 at 06:49
こちら 外観は何度も撮..
by 雪だるま at 05:46
そうなんです 見所が随..
by モダン周遊 at 11:10
元はホテルだったこの建物..
by 雪だるま at 05:56
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


趣味の近代層 <ガウディとコルビュジエ>

c0239137_13441685.jpg

 昭和5年3月13日発行の『趣味の近代層』は前年の「アサヒグラフ」に掲載された「趣味講座」の記事を集めたものですが、その当時、前衛美術家として活躍していた仲田定之助(1888-1970)は「今日の建築」を載せています。

 建築は時代の鏡であります。建築は時代精神を反映します。そして今日の新建築は今日の時代精神を映像します。ですから今日の新建築は活きています。
 ~(略)~
 今日の新建築は旧来の型を模倣したり、形式的に応用したりする事の代りに、建築をもっと新しい立場から本質的に、健康な考え方をして、真面目に取扱うようになりました。
 その新建築傾向を大別して、必要から来る合理的構造と、冥想的美学の立場からの作品とに分類することが出来るようです。


 仲田定之助は1922年から1924年にかけてドイツに留学、バウハウスを訪問し、帰国後1925年に美術雑誌に紹介記事を書き、これが日本における最初のバウハウスの本格的な紹介とされています。
 留学中には、他の様々な芸術運動にも触れ、多くの資料を日本に持ち帰りましたが、冒頭に挙げたガウディ(※ゴーヂと表記されていますが…)のサグラダ・ファミリアの写真もその中の一つと思われます。

 サグラダ・ファミリアについては、
 南国的幻想によって出来た大規模な建築で、超人的なそして宗教的な敬虔な力を感じます。しかし形態はゴシックに追従したような冥想的な美学的な作品です。
 として、必要から来る合理的構造を持つコルビュジエの建築の方を評価しているものの、既にこの時期に新建築の傾向としてガウディを例にあげていることについては注目すべきかと思われます。

c0239137_13510724.jpg

 この本の中では他に、分離派建築会に参加し、表現主義からモダニズムの作品を手掛けた建築家の蔵田周忠(1895-1966)が「室内工芸の尖端を見る」で、コルビュジエの作品やブロイヤーのパイプ椅子を取りあげており、また、仲田定之助や杉浦非水と共に『現代商業美術全集』を編集した、日本のグラフィックデザイナーの草分けの一人でもある濱田増冶(1892-1938)は「新興のグラス芸術」で、ミース・ファン・デル・ローエやグロピウスの作品を紹介しています。

c0239137_14440968.jpg

 『趣味の近代層』が発行された昭和5年は、前川國男がコルビュジエの事務所に前年入所した坂倉準三と入れ代わるように帰国した年で、まさに日本のモダニズム建築の歴史が本格的に始まった年と言ってもいいと思われます。

 時代の大きな流れとしては合理性・機能性を重視したモダニズムが主流になりつつありましたが、この本の「はしがき」の冒頭では次のように述べています。

 一口に趣味というと、兎に角、骨董的な懐古的な興味に対象されていたけれども、最近では非常にモダン化して、より尖端的に、より探美的に、より猟奇的に、尖鋭化し分類化されてその分野を広げて来ました。従って、先人達の遺した過去の文化や習俗にも、新しい解釈が試みられなければならなくなり、科学や芸術も、現代機械文化の爛熟と共に、その境界線を突破して、趣味の分野に氾濫するようになりました。
 こうした広汎な趣味の近代層を縦断して眺めたのが本書であります。


c0239137_13434056.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-11-24 07:00 | Comments(0)

今井兼次 <ガウディとコルビュジエ>

c0239137_17144246.jpg
 建築家の今井兼次(1895-1987)の作品が大阪にあったとは…!
 ついこの間まで知りませんでした。

 今年のイケフェスは天気が悪く、ほとんど外観写真が撮れなかったこともあって、先日の天気のよい日に改めて船場辺りをブラブラしながら堺筋本町に来た時に、9月19日にオープンしたという大阪商工信用金庫の新社屋のレリーフに気づいたのでした。

 このレリーフは、建て替える前の本町ビルディングの屋上にあったものを新社屋の公開庭園に移築したものだということです。
c0239137_17143310.jpg

 ガウディから大きな影響を受けた今井兼次は、陶片によるモザイクタイルの作品も手がけていて、「フェニックス・モザイク」と名付けていますが、このフェニックス・モザイクレリーフ「糸車の幻想」は繊維産業を象徴する糸車をテーマにしています。
c0239137_17142526.jpg

 糸巻きボビン?をモチーフにしたような…
c0239137_17141730.jpg

c0239137_17140934.jpg

 「糸車の幻想」は1961年の作品ですが、同年には東京の東陽学園大学のフェニックス・モザイクレリーフを手がけており、翌年には集大成とも言うべき作品、日本二十六聖人記念館があります。
 職人の手の技を大切にした今井兼次は、レリーフ作品をつくる際に、職人に混じって自らタイルを張ったという、エピソードもあるようです。
c0239137_17140033.jpg

 日本にガウディを紹介した草分けとして知られていますが、1926年から1927年にかけてヨーロッパ諸国を回り、帰国した当時の日本では、コルビュジエやバウハウスなどのモダニズムが注目されていました。
c0239137_17135208.jpg

 昭和5年8月10日発行の『海外美術家印象記』の中で、今井兼次は「僕はル・コルビュジエ氏に逢った -フランス近代作家と其の作品-を載せています。
(以下、抜粋)

建築を主体とする新芸術運動の泉源地となりつつあったデッサウのバウハウス Bauhaus を訪ねた時に、その主導者であったウァルター・グロピウスからル・コルビュジエに逢い得るよう懇切な厚意をうけて、パリに向ってベルリンを立ったのが一九二六年の十二月の初めであった。

セイヌを越えて直ぐエッフェル塔の見ゆるホテル・イエナから河向こうのソロボンヌ大学に近く、かつて西條八十さんが宿をとっていたと云うホテルに移った。留学中の森口多里さんはちょいちょい私の宿に尋ねては一緒に支那飯の安くって上味いのをたべに出かけることを教えてくれた。

ペインの首都マドリッドの地下鉄道、南スペイン中世の建築及びバルセロナ市内に建つアントニオ・ガウディ Antonio Gaudi の作品見学を目的したスペイン旅行を終ってパリに再度戻ったのは其の年の暮れであった。
 一九二六年十二月三十日は私がル・コルビュジエに逢った最初の日であった。私にとっての悦ぶべき記念の日であった。


 この後は、コルビュジエについての記述が続きます。

 コルビュジエに逢った記念の日の前に、さりげなくガウディを登場させているのが印象的ですが、今井兼次はヨーロッパの新しい建築の動向として、ガウディについてもコルビュジエやグロピウスと同列にとらえていたようです。

 ところが、その当時の日本の近代建築界には受け入れられず、長い間、ガウディを日本に紹介するのをやめていたということです。

 今日では、世界遺産であるサグラダ・ファミリアを始めとするガウディの作品があるバルセロナは世界有数の観光地になっており、また、コルビュジエの作品も世界遺産になっていますが、その意味でも、今井兼次の先見性は注目に値すると思います。

c0239137_17134306.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-11-21 07:00 | Comments(0)

立売堀ビルディング

c0239137_16244401.jpg
 立売堀は大阪の難読地名の一つで「いたちぼり」と読みます。
 四つ橋筋に面して建つこのビルは、1927(昭和2)年にテナントオフィスビルとして建てられたものだということです。

 当初は敷地の南側にも木造3階建の洋館がありましたが、大阪大空襲で焼失したため、1961(昭和36)年に新しく4階建のビルを建て直し、北側の旧館と一体として、玄関と廊下を共有する形で現在もテナントビルとして活用されています。

 ビルの玄関は新館側にありますが、なかなかレトロでいい雰囲気です…
c0239137_16243114.jpg

 旧館側の廊下ですが、ほとんどが建てられた当時のままで残っているそうです…
c0239137_16241876.jpg

c0239137_16240863.jpg

 使いこまれた扉やドアノブが、とてもいい表情をしていますね…
c0239137_16235540.jpg

c0239137_16234382.jpg

 旧館側の1階には紳士服の店もあって、お洒落な雰囲気です…
 ショーウィンドウの下にある小窓は、地下室の採光窓。
c0239137_16233383.jpg

c0239137_16232127.jpg

c0239137_16230893.jpg

c0239137_16225573.jpg

c0239137_16224169.jpg

【参考】戦前の立売堀ビルディング
c0239137_16221302.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-11-19 08:00 | Comments(2)

アールデコの華『女性』

c0239137_12353764.jpg

 前回取上げた伏見ビルを見学しているうちに、雑誌『女性』のことを思い出しました。
 山六郎がデザインしたタイトルロゴの書体は一世を風靡し、まもなく無声映画の看板やのぼり旗に多用されて人気書体になるなど、『女性』は「阪神間モダニズム」の勃興に寄与するとともに、大大阪時代を彩った雑誌でした。

 この『女性』は、1926(大正15)年の新年号ですが、山六郎の手がけたアールデコ調の表紙画が、傷みの激しさゆえに、なんとなく古代遺跡の壁画のような風合いもあって、これはこれで味わい深く感じられます…

 巻頭を飾る口絵はファン・ゴッホ「花」。
 ゴッホは当時から日本人には人気があったようですね…
c0239137_12353044.jpg

 他にも口絵にはピカソ「エチュード」があって、この雑誌のハイカラさを表しているかのようです…
c0239137_12414166.jpg


 そして、大正モダンを代表する竹久夢二の挿絵(劇場スケッチ)。
c0239137_12351470.jpg
c0239137_12350555.jpg


 水上瀧太郎「大阪の宿」の他、山六郎のカットがふんだんに使われています。
c0239137_12345515.jpg

 山名文夫も、この頃には既に山六郎とは違った作風を確立していたことがわかります。
c0239137_12585879.jpg

 1922(大正11)年、大阪の化粧品会社の中山太陽堂は出版社「プラトン社」を設立。同年の5月に、女性を読者層にねらった斬新な文芸誌『女性』を創刊しました。
 小山内薫を編集長に、おもな執筆者には、泉鏡花、谷崎潤一郎、武者小路実篤、大佛次郎、与謝野晶子らがおり、関東大震災で東京の出版界が被災したこともあって、大いに発行部数を伸ばしました。

 しかしながら、大日本雄弁会講談社が雑誌『キング』を創刊するなど、東京の出版社が復活を遂げると、プラトン社の経営は悪化。『女性』は翌年に創刊された『苦楽』とともに、プラトン社が廃業する1928(昭和3)年5月をもって終刊となったのでした。
c0239137_12343601.jpg

 裏表紙は「クラブ化粧品」の広告。
c0239137_12342537.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-11-16 09:00 | Comments(0)

アールデコの華「伏見ビル」

c0239137_08390354.jpg

 青山ビル、北浜レトロに続いて…この伏見ビルも以前に当ブログで取り上げており、毎年、イケフェスで見学していますが、いわゆる大正モダニズムが花開いた時代に建てられたこのビルは、いつ訪れてもフォトジェニックです…

c0239137_08385221.jpg

 植物を思わせる有機的なデザインのアールヌーヴォーの時代に続き、近代的都市生活に対応した幾何学的なフォルムのアールデコは、ヨーロッパ及びアメリカを中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行しましたが、1923(大正12)年に建てられた伏見ビルは、まさに流行の最先端を行くものだったと思われます。
 ちなみにアールデコの名称は、1925年にパリで開催された現代産業装飾芸術国際博覧会(Exposition Internationale des Arts Décoratifs et Industriels modernes)の略称「アールデコ博」で花開いたことに由来します。

c0239137_08384414.jpg

 伏見ビルができた年には関東大震災があり、この後、大阪は東京を凌ぐ大都市として、文化・芸術・産業の中心となり、「大大阪」と呼ばれる、華やかで活気にあふれた黄金時代を向かえたのでした…

c0239137_08383512.jpg

 しかし…昭和恐慌により経済・産業が大打撃を受けた大阪は、さらに戦争の時代へと向かう中で衰退して行きますが、時を同じくして、機能性をより一層重視したモダニズムが主流になったために、アールデコの流行も終了したのでした。

c0239137_08380898.jpg

 その後、アールデコは、1966年、パリで開催された「25年代展」以降に無味乾燥なモダンデザイン批判やポスト・モダニズムの流れの中で再評価されたのでした。

c0239137_08382560.jpg

c0239137_08381649.jpg

 伏見ビルの中に足を踏み入れると、そこには大大阪時代の空気が今も流れているような気がします…

c0239137_08375927.jpg

[PR]
# by suzu02tadao | 2017-11-14 07:00 | Comments(2)