1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
モダン周遊Ⅱ
最新のコメント
そうですね… 後、フェ..
by モダン周遊 at 11:30
この界隈 ビルが急ピッ..
by 雪だるま at 05:32
須藤しげるは大正から昭和..
by モダン周遊 at 18:27
須藤しげるって初見なので..
by karan_coron at 13:23
ここは元から通りの幅が広..
by モダン周遊 at 11:23
通りの真ん中が駐輪場 ..
by 雪だるま at 05:49
中之島辺りと違い、 工..
by モダン周遊 at 14:25
大阪には多くの橋がありま..
by 雪だるま at 09:25
立派な施設さえつくればい..
by モダン周遊 at 11:49
東京ドームが開業し 大..
by 雪だるま at 06:05
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「 お買物は三越 」 杉浦非水

◇「帝国劇場・番組」1930(昭和5)年6月【左】、7月【右】
c0239137_9541648.jpg

 「今日は帝劇、明日は三越」というのが大正から昭和初期頃のセレブのライフスタイルだったようだが、上図は帝国劇場の歌舞伎番組パンフレットの「三越」の広告。
 さて、前回は大阪市電切符の裏面の広告だったが、今日は東京の劇場のパンフレットの広告をとりあげてみたい。どのパンフレットも裏表紙は「三越」の広告となっている。そして作者はもちろんのこと、杉浦非水。

◇「東京劇場・番組」1931(昭和6)年4月【左】、3月【右】
c0239137_956139.jpg

◇「明治座・番組」1930(昭和5)年7月【左】、1929(昭和4)年10月【中】、11月【右】
c0239137_9584313.jpg

◇「歌舞伎座・番組」1930(昭和5)年1月【左】、7月【中】、1929(昭和4)年10月【右】
c0239137_1021288.jpg

◇「新橋演舞場・番組」1926(昭和2)年2月【左】、「新歌舞伎座・番組」1929(昭和4)年11月【中】、 「歌舞伎座・番組」1931(昭和6)年4月【右】
c0239137_1041665.jpg

◇【左から順に】「本郷座・番組」1929(昭和4)年10月、9月、 「市村座・番組」1928(昭和3)年1月、1926(大正15)年1月※「ひすゐ」サイン
c0239137_10151659.jpg

 杉浦非水は商業美術の先駆者であり、現代日本のグラフィックデザインの礎を築いた作家の一人で、三越のPR 雑誌『三越』がよく知られているが、三越の広告についてはこのような小さなものにも秀作が多い。
 例えば下図の同じパンフレットの他の広告と比べてみれば明らかなように、非常に小さなスペースの中ではあるが、その表現力・構成力はさすがに見事なものである。
c0239137_10122490.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2012-03-15 10:00 | Comments(0)
<< 「歌舞伎番組」 広告から… モダン考古学?古本市は発掘現場!? >>