1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


三笠静子(笠置シズ子)の驚くべき進境!

◇松竹座ニュース【1934(昭和9)年 3/7~3/12】〔道頓堀〕
c0239137_1349103.jpg

 松竹座ニュース【1934(昭和9)年 3/7~3/12】の表紙のデザインは、この頃にはめずらしく 山田伸吉(shinkichi サイン)が担当している。
 恒例の「春のおどり」では、かつてのプリマドンナ飛鳥明子は前年に退団しており、今なおOSK日本歌劇団の劇団ソングである、作詞・岸本水府、作曲・松本四良の「桜咲く国」からその内容が紹介されている。
c0239137_14154432.jpg

c0239137_1352274.jpg

 文章はこれに続いて、
 <単独にショウとして見せる従来のレヴュウの概念を棄てゝ、小話式に音楽の波と踊のリズムに乗せて面白く喜んで頂けるもので、もう一つの野心は舞台と客席の融合、フットライトを隔てたステージと客席とがそれを越えて一つの雰囲気にとけ込むと言ふ野心も或意味で成功させたと思ってゐます。
 ボンボーサに扮する、三笠静子の驚くべき進境は、この一景を非常に高い水準にまで引きあげ、彼女の存在をもう一つ大きくしました。
 今日、これだけ魅力あるうたと動きを見せて舞台をデリカにする踊子は 東西を通じて、先ず五人と居ないでせう。~>

 ここで三笠静子は、笠置シズ子のことで、翌1935(昭和10)年、崇仁親王が三笠宮を名乗ったのを機に、三笠を名乗るのは恐れ多いと笠置シズ子と改名した。

 1938(昭和13)年「帝国劇場」で旗揚げした「松竹楽劇団」に参加した際に、笠置シズ子は服部良一と出会う。
 服部は自伝「僕の音楽人生」の中で笠置との出会いについて、大阪で一番人気のあるステージ歌手と聞いて「どんな素晴らしいプリマドンナかと期待に胸をふくらませた」だが来たのは、髪を無造作に束ね薬瓶を手に目をしょぼつかせ、コテコテの大阪弁をしゃべる貧相な女の子であった。だがいったん舞台に立つと「…全くの別人だった。三センチもある長いまつ毛の目はバッチリ輝き、ボクが棒を振るオーケストラにぴったり乗って「オドウレ。踊ウれ」の掛け声を入れながら、激しく歌い踊る。その動きの派手さとスイング感は、他の少女歌劇出身の女の子たちとは別格の感で、なるほど、これが世間で騒いでいた歌手かと納得した」とある。
 第二次大戦以降は、服部良一作曲の『東京ブギウギ』が大ヒットし、戦後の荒廃した庶民の心に開放感をもたらし、以後『大阪ブギウギ』や『買物ブギ』など一連のブギものをヒットさせ、「ブギの女王」と呼ばれた。
 ヒット曲のひとつ『ヘイヘイ ブギー』では笠置が「ヘーイ・ヘイ」と客席に歌いかけると観客が「ヘーイ・ヘイ」と唱和し、文字通り舞台と客席が一体となるパフォーマンスを繰り広げたが、まさにこの昭和9年の「春のおどり」は<かくあるであらう未来の姿をも描いた>ものであったようだ。

 笠置シヅ子(本名:亀井静子)【1914 - 1985年】は、小学校卒業後大阪松竹楽劇部生徒養成所に入所。1927(昭和2)年、「日本八景踊り」で初舞台を踏む。その後、1933(昭和8)年、『秋のおどり・女鳴神』の演技でスターの仲間入りを果たした。

◇第7回「春のおどり」(昭和7年)第五景「朝霞」より。
 一番左が三笠静子(順に、伊達良子、住ノ江節子、小町糸子、中島薫)
c0239137_1401752.jpg

by suzu02tadao | 2012-04-23 14:00
<< われらのすたあ! 飛鳥明子 東京鉄道遺産 ~モダンシティ・... >>