1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
モダン周遊Ⅱ
最新のコメント
そうですね… 後、フェ..
by モダン周遊 at 11:30
この界隈 ビルが急ピッ..
by 雪だるま at 05:32
須藤しげるは大正から昭和..
by モダン周遊 at 18:27
須藤しげるって初見なので..
by karan_coron at 13:23
ここは元から通りの幅が広..
by モダン周遊 at 11:23
通りの真ん中が駐輪場 ..
by 雪だるま at 05:49
中之島辺りと違い、 工..
by モダン周遊 at 14:25
大阪には多くの橋がありま..
by 雪だるま at 09:25
立派な施設さえつくればい..
by モダン周遊 at 11:49
東京ドームが開業し 大..
by 雪だるま at 06:05
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


佐野繁次郎個展 1964年

◇『銀座百点 No.120』 1964年11月号
c0239137_918115.jpg

 『銀座百点 No.120』では、銀座の画廊(文藝春秋画廊、中村画廊、フォルム画廊)で開催された佐野繁次郎個展の特集をしており、表紙はこの個展で展示された作品「少年の馬」になっていて、写真ページでも作品が紹介されている。

c0239137_9182875.jpg
 2005年の展覧会に出品されたものと同じ作品も載っているが、上図(左側)の作品「友達の画家」は「画家の肖像(死んだ画家)」に題名が変わっている。
c0239137_9202231.jpg
  『佐野繁次郎展図録(2005年)』より

 また、下図(左側)の作品「歩いている龍」は、2005年の展覧会では「辰」(後年加筆)となっているなど、ちょっと面白い発見があった。
c0239137_9203655.jpg
c0239137_9213354.jpg
  『佐野繁次郎展図録(2005年)』より

 佐野繁次郎が日本で個展をやるのは、この時がはじめてということで、美術評論家の土方定一と植村鷹千代、中村画廊の中村鉄による座談会も載っている。
c0239137_9234756.jpg
以下、一部抜粋。

植村
 ~純粋の大阪弁というものはどういうものか、ぼく知りませんけれども、純粋の大阪の船場みたいな味ね、それがパリの味とまじったような感じがしますね。佐野さんの絵というものに。

土方
 コラージュにおもしろいものがありますね。
中村
 なかなかいいですね。
植村
 ちょっと日本人ばなれした、いいところがあると思いますね。
土方
 油絵描くよりもコラージュは決断力を要求されるんですね。ですから自分の描きたいものが強く出てくるからじゃないでしょうか。ぼくたちがおもしろいのは、油絵ですと、これまた油絵具のねちっこい性質を生かそうとしていることですね。

c0239137_9275624.jpg

 余談になるが、1964年は東京オリンピックの年で、オリンピック開催中は、銀座も外人であふれていたようだ・・・
[PR]
by suzu02tadao | 2013-11-01 09:30 | Comments(0)
<< 『家庭・生活』(ホーム・ライフ... 旧京都電燈本社&京都タワー >>