1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28


街の紫陽花 <1>

c0239137_09385836.jpg

 ライオン橋の愛称もある難波橋のライオン像は有名ですが、そこから堺筋を南に少し歩いた今橋1丁目にあるライオン像は、今は解体されて現存しない北浜野村ビルの壁面にあったものです。
 北浜野村ビルは1921(大正10)年に建てられたものですが、海野弘著『モダンシティふたたび』の中で「都市の獣たち」と題して、次のように述べられていました。

 すでに近くの難波橋には獅子像が置かれていたが、一九一五年のこの獅子と一九二一年の北浜野村ビルの獅子では、まったく表現がちがうのである。橋の獅子は、伝統的なスタイルであるが、ビルの獅子は、そばでよく見ると、一九一〇年代にピカソなどによって発見されたキュービズムのスタイルで刻まれていることがわかる。
 二十年代にはメカニックなモダン都市があらわれたのであるが、なぜかアフリカ的なものがはやり、獅子や豹など野性動物のイメージが好まれた。このビルの獅子像は、そのような時代を映しているのである。
 それは、都市文化があまりに発達すると、原始的な世界へのあこがれが強くなるということだろうか。それとも、この現代都市こそ、コンクリートのジャングルであり、野獣がうろついている街だということであろうか。

c0239137_09385041.jpg

 < コンクリートのジャングルであり、野獣がうろついている街 >にも季節はめぐり…
 街のあちらこちらでは紫陽花が咲いています。
c0239137_09383854.jpg

 前回紹介した大阪セルロイド会館にも紫陽花が咲いていました…
c0239137_09382721.jpg

 今もよく見かけるこれらの一般的な紫陽花は、もともと額紫陽花を品種改良してできたものとのこと…

 大阪セルロイド会館の近くにあったレトロな家屋の軒先には、やはり古くからある額紫陽花が似あいますね。
c0239137_09381664.jpg

 こちらはオフィス街の紫陽花…
c0239137_09380114.jpg

by suzu02tadao | 2017-06-27 07:00
<< 街の紫陽花 <2> 大阪セルロイド会館 >>