1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...
お気に入りブログ
ヴォーリズを訪ねて
近代建築Watch
レトロな建物を訪ねて
Books & Things
モダン周遊Ⅱ
最新のコメント
そうですね… 昭和4年..
by モダン周遊 at 22:18
表紙の飛行船が昭和四年の..
by 匿名希望 at 09:45
最近はこちらのサイトをあ..
by sukimodern at 14:18
偶然この写真を拝見しまし..
by ヨッシー at 09:09
福田様 返事が遅くなり..
by モダン周遊 at 21:34
初めまして。ペンギン飼育..
by 福田道雄 at 20:44
そうですね… 後、フェ..
by モダン周遊 at 11:30
この界隈 ビルが急ピッ..
by 雪だるま at 05:32
須藤しげるは大正から昭和..
by モダン周遊 at 18:27
須藤しげるって初見なので..
by karan_coron at 13:23
メモ帳
最新のトラックバック
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
シャガール、ピカソ、マテ..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..
【姫路の老舗映画館が消え..
from ジョニー暴れん坊デップの部屋
個性的なビルがいっぱい:..
from 本読みの記録
ライフログ
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


週刊朝日・新年特別號<1929年>

c0239137_15560151.jpg

 しばらく古書は買わないつもりでいたのですが、先日の古書市で、この1929(昭和4)年の創刊満七周年『週刊朝日・新年特別號』に出会ってしまいました…

 表紙は先日取り上げた松竹座の大阪朝日新聞五十周年記念レヴュー「開国文化」と同じような南蛮船をモチーフにしたもので、同じ朝日新聞なので何か関連があるのかと思ったりもして…

 芹沢銈介のような染色作家の手がけたもののように見えますが、なんと!日本画家の木谷千種(きたに ちぐさ、1895-1947)の作品でした!
 木谷千種は、島成園と共に大阪を代表する女性画家として活躍しました。

 扉絵は、「中之島風景」をはじめとする大阪市街地の風景画で有名な国枝金三(1886-1943)。
 国枝金三は他にも挿絵を手がけています。
c0239137_11334314.jpg

 そして、谷崎潤一郎の作品などの挿絵で最も定評のあった小出楢重(1887-1931)。
c0239137_11333663.jpg
c0239137_11332899.jpg

 更には、渡仏してアンドレ・ロートに師事した黒田重太郎(1887-1970)。
c0239137_11332151.jpg

 国枝金三、小出楢重、黒田重太郎の3名は、大阪に「信濃橋洋画研究所」を設立した中心メンバーで、表紙の木谷千種を含め、この当時の朝日新聞は大阪が中心だったことを物語るような顔ぶれですね…

 ところで、小出楢重の挿絵の石濱金作、黒田重太郎の長谷川浩三、あるいは当時は流行作家だった三上於菟吉(みかみ おときち)など、今日では忘れられた作家の作品も多く載っていて、長崎洋一郎の小説『上海異聞 人獣製造』は典型的ないわゆる<エロ・グロ・ナンセンス>の小説なのですが、長崎洋一郎についてはネットで調べても全くわからない作家でした…

 ただし、挿絵を描いた不二木阿古(ふじき あこ、1896‐1943)は、やはり大阪で活躍した日本画家で、晩年は奈良に住み、志賀直哉(ここに小説を載せています)とも親交があり、現在、奈良ホテルに作品があるようです。

 以下、挿絵とキャプションの抜粋です…
c0239137_11331295.jpg
 さっぱりした日本紳士に早変りした大井宗平が、騒々しいジャズ、乱舞する男女の群、官能的な女の嬌声、強烈な電燈の色彩――そうした歓楽の渦の中で、過ぎ去った日を追うように、ポツリポツリと話しだす世にも不思議な物語。

c0239137_11330409.jpg
 陰惨と怪奇の地下室――肥大漢の鞭が風を切ってヒュウッと鳴った。鳴った鞭の下からごそり/\と這い出た女。顔は白蛇のような――陰々とした燐光を放ち、髪は、胸は、手は、足は。
「人魚って事にして売り出したら、ちょっと金目ものだと思うんだがね……」と肥大漢はいう。


 この他、三上於菟吉の小説『おお青春』の須藤しげる(1898-1946)の挿絵も相当におどろおどろしいものです…
c0239137_11561558.jpg
c0239137_11560956.jpg

 須藤しげるの他、岡本一平前川千帆宍戸佐行清水岳坊細木原青起河野通勢伊藤晴雨などの漫画や挿絵を専門とする画家の作品も多いのですが、この当時は帝展や二科展で活躍する多くの画家も挿絵を描いていたことがわかります。

 鏑木清方門下の山川秀峰(1898-1944)の作品もありました。
c0239137_11323616.jpg

[PR]
by suzu02tadao | 2018-01-29 07:00 | Comments(2)
Commented by karan_coron at 2018-01-29 13:23
須藤しげるって初見なのですが、ルドンぽい挿し絵が面白いですね。それに、ちょっと創作版画も彷彿としました。
Commented by モダン周遊 at 2018-01-29 18:27 x
須藤しげるは大正から昭和にかけて、竹久夢二の大正ロマン画調を引き継ぐ抒情画家として知られていて、このような作品は珍しかったので取り上げてみました…
<< Memories<朝日ビル> 惜別の風景 >>