人気ブログランキング |

1920~30年代を中心に、あれこれと・・・
by 大阪モダン
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2016年 04月 16日 ( 1 )

街角レトロ<神保町>2009年

c0239137_14441789.jpg
 2013年に閉店した「ゲームコーナー ミッキー」ですが、これは、2009年に撮影したものです。
 その当時は東京にいたので、いつも土曜日になると、だいたい神保町の東京古書会館に足を運んだものでした。
c0239137_14444169.jpg

 このところ『婦人画報』について調べていると、故・黒岩比佐子さんのブログ「古書の森日記」でも取り上げていたので興味を惹かれ、他にも色々見ていたら…
 2009年7月18日に、<昨日の「趣味展」では、同じく博文館刊の田山花袋『日本一周 後編』を見つけた。~(略)~ ページを開くと、前の持ち主が赤鉛筆と青鉛筆の2色で、あちこちに線引きをしているのがわかった。>とあったので、おやっと思った。

 以前に当ブログで取り上げた、谷口梨花『汽車の窓から(西南部)』は東京古書会館の古書市で手に入れたもので、その時、この本の隣に田山花袋『日本一周 後編』があって、本当は田山花袋著のものが欲しかったのだが、内容が「関東・東北・北海道」だったので、実用のことを考えて、東海道線以西が載っていた『汽車の窓から(西南部)』にしたのだった。

 この『汽車の窓から(西南部)』も、その時に手にした田山花袋『日本一周 後編』も前の持ち主が同じだったようで、下図のとおり、赤鉛筆と青鉛筆の2色で、あちこちに線引きがしてあったことを覚えている。
 という事は、やはり、「古書の森日記」で紹介していた本は、あの時の本に間違いないと思うのです…
 そんなこともあって、2009年当時の神保町のことが急に懐かしくなったというわけです。
c0239137_14464871.jpg
 いつも、
 地下鉄の新御茶ノ水駅で降りて歩いてゆくと、太田姫稲荷神社が迎えてくれた…
c0239137_14502727.jpg
 この神社も、2013年に改修されて、今ではもっとキレイになっているようです。
c0239137_1450471.jpg

 神保町には文房堂や一誠堂書店のような、風格のあるレトロ建築があります。
c0239137_1451915.jpg

 そして、昭和の匂いが漂うレトロな街角が魅力です…
c0239137_14513075.jpg

c0239137_14513944.jpg

c0239137_14514875.jpg

c0239137_14515747.jpg

c0239137_145284.jpg

 神保町の近くには、他にもモダン建築がたくさんあって、このブログの基調になっている、古書市+街角レトロ散策という行動パターンは、この時から始まったように思います…
c0239137_1453384.jpg

by suzu02tadao | 2016-04-16 14:55